北朝鮮と中国 打算でつながる同盟国は衝突するか 五味洋治著

北朝鮮と中国 打算でつながる同盟国は衝突するか 五味洋治著

北朝鮮にとって中国は、食糧・エネルギー・貿易・技術・安全保障のすべてにおいて、国家存続の生命線。一方、中国にとって北朝鮮は、地政学上重要な対米緩衝地帯であり、豊富な地下資源など「埋蔵利権」の宝庫でもある。

関係良好で一心同体に見える両国は、油断ならない隣人同士として実際は恐れ、警戒し合っていると、新聞記者の著者は見る。その熾烈な駆け引きの背後にある互いの思惑を、緊張と協力の歴史とともに分析。さらに、北朝鮮の核やミサイルの開発、日本にとって懸案の拉致被害者の帰国問題、加えて北朝鮮の混乱・崩壊時における米中の動向にも踏み込んで予測する。

極東アジアのキーポイント、中朝関係の行方を探る。

ちくま新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT