経済制裁下でも日本製品は浸透?

北朝鮮南部・開城から平壌に戻る途中、休憩所に立ち寄ったところ、日本でも有名な飲料メーカーのジュースが販売されていた。1ドルで買おうとしたら、裏側のラベル付近に目が行った。「ライセンス・日本、製造・シンガポール、流通・香港、輸入元・北朝鮮」と書いてある。厳密にいえば日本製ではないが、日本ブランドが北朝鮮に流入している一つの例だった。

2006年に北朝鮮は、国連安全保障理事会決議により経済制裁を受けている。また、日本政府も同様の経済制裁を続けており、この数年、両国間の貿易はほぼゼロ状態が続いている。だが、「政策があれば対策があり」。さまざまな抜け道があり、このジュースのように、平壌市内では日本製品も少なくはなかった。

「このままでは、日本企業が進出しようとしてもすきはない」と北朝鮮政府関係者は言う。日本製が来なくても、中国製や欧州製の品物が平壌には所狭しと並べてある。これが現実だ。

経済制裁自体を否定するものではないが、その有効性についてあらためて検討したほうがよいのではないか。記者は『朝鮮語大辞典』『朝鮮中央年鑑』といった、北朝鮮を知る基本的文献十数冊を持ち帰ったが、空港の税関ですべて没収された(正確には「任意放棄」)。税関は「経済産業省の輸出入禁止措置のため」と説明するが、敵対していても相手を知ってこそ対話も生まれる。そのために必要な文献でさえ輸入を禁じるのは行き過ぎではないか。「敵性言語」として英語を忌避した戦時中とまったく変わらない。

(週刊東洋経済2012年10月6日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT