動乱のインテリジェンス 

佐藤 優、手嶋龍一著

その国の国力に陰りが生じ、政治指導力が衰退すれば、周辺諸国はそのすきに乗じて攻勢に転じ、やがて国土はしぼんでいく。中国、ロシア、韓国、北朝鮮などの動きは、まさに日本をそんな状態に追い込むものだという。

こうした領土がらみの問題を外交によって解決するには、国際世論を味方に引き入れなければならず、そのためにはしたたかなインテリジェンスが必要だと著者らは説く。そして、日本が持つべきインテリジェンスとはどんなものなのかを探っている。

尖閣諸島や竹島の領有、北方領土、沖縄と日米同盟、北朝鮮の核の問題などを、元外務省分析官と外交ジャーナリストが、外交戦略の観点から語り尽くす。

新潮新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT