古典力 

齋藤 孝著

ドストエフスキー著『カラマーゾフの兄弟』の新訳版が100万部を超えるベストセラーになったように、最近古典の新訳が時折ブームになる。これは時代が古典を求めている表れだと著者はいう。インターネットの発達により情報の新陳代謝の速度が上がってきた現代だからこそ、古典はその価値を増しており、そうした名著を自分の古典として日々の生活や思考に生かす力が「古典力」になる。

解説を先に読んで知識を得てから読む、精読にこだわらずパラパラ読みをするといった読み方のコツを伝授し、何から読めばいいかわからない人のために、古今東西の古典から100作品を選んで読み方ガイドをつけた齋藤流「古典のすすめ」になっている。

岩波新書 840円

  

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。