古典力 

齋藤 孝著

ドストエフスキー著『カラマーゾフの兄弟』の新訳版が100万部を超えるベストセラーになったように、最近古典の新訳が時折ブームになる。これは時代が古典を求めている表れだと著者はいう。インターネットの発達により情報の新陳代謝の速度が上がってきた現代だからこそ、古典はその価値を増しており、そうした名著を自分の古典として日々の生活や思考に生かす力が「古典力」になる。

解説を先に読んで知識を得てから読む、精読にこだわらずパラパラ読みをするといった読み方のコツを伝授し、何から読めばいいかわからない人のために、古今東西の古典から100作品を選んで読み方ガイドをつけた齋藤流「古典のすすめ」になっている。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。