直感力 羽生善治著

Books Review

希代の棋士が、対局における極意の数々を披露する。著者は対局に臨む際、「直感」「読み」「大局観」の三つを念頭に置くという。その中でも直感は、論理的思考を構築していく時間的猶予がない中で、最善手を導き出すために必要な力である。

直感力とは考えに考えて、あれこれ模索した経験が蓄積された結果、脳の回路が鍛えられて培われるものという。日常生活の中でも、自分自身の考えによる判断、決断を繰り返しながら自覚的に直感力を磨く方法が説かれている。

データ分析と勘の併用の仕方やスランプから抜け出す方法、思いどおりにならない時間をいかに楽しむかなど、具体的な物事への最善の処し方も語られている。

PHP新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。