直感力 羽生善治著

Books Review

希代の棋士が、対局における極意の数々を披露する。著者は対局に臨む際、「直感」「読み」「大局観」の三つを念頭に置くという。その中でも直感は、論理的思考を構築していく時間的猶予がない中で、最善手を導き出すために必要な力である。

直感力とは考えに考えて、あれこれ模索した経験が蓄積された結果、脳の回路が鍛えられて培われるものという。日常生活の中でも、自分自身の考えによる判断、決断を繰り返しながら自覚的に直感力を磨く方法が説かれている。

データ分析と勘の併用の仕方やスランプから抜け出す方法、思いどおりにならない時間をいかに楽しむかなど、具体的な物事への最善の処し方も語られている。

PHP新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT