直感力 羽生善治著 Books Review

✎ 1〜 ✎ 28 ✎ 29 ✎ 30 ✎ 最新
拡大
縮小

希代の棋士が、対局における極意の数々を披露する。著者は対局に臨む際、「直感」「読み」「大局観」の三つを念頭に置くという。その中でも直感は、論理的思考を構築していく時間的猶予がない中で、最善手を導き出すために必要な力である。

直感力とは考えに考えて、あれこれ模索した経験が蓄積された結果、脳の回路が鍛えられて培われるものという。日常生活の中でも、自分自身の考えによる判断、決断を繰り返しながら自覚的に直感力を磨く方法が説かれている。

データ分析と勘の併用の仕方やスランプから抜け出す方法、思いどおりにならない時間をいかに楽しむかなど、具体的な物事への最善の処し方も語られている。

PHP新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT