直感力 羽生善治著

Books Review

希代の棋士が、対局における極意の数々を披露する。著者は対局に臨む際、「直感」「読み」「大局観」の三つを念頭に置くという。その中でも直感は、論理的思考を構築していく時間的猶予がない中で、最善手を導き出すために必要な力である。

直感力とは考えに考えて、あれこれ模索した経験が蓄積された結果、脳の回路が鍛えられて培われるものという。日常生活の中でも、自分自身の考えによる判断、決断を繰り返しながら自覚的に直感力を磨く方法が説かれている。

データ分析と勘の併用の仕方やスランプから抜け出す方法、思いどおりにならない時間をいかに楽しむかなど、具体的な物事への最善の処し方も語られている。

PHP新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。