東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと 

菅 直人著

東京電力福島原発事故から1年半が経過して、当時「総理大臣として何を考え、どう決断し、どういう気持ちで行動したか」を記した。

2週間後に専門家から提示された「最悪のシナリオ」は半径250キロメートルまで避難の必要が及ぶというもの。そうなると、「青森県を除く東北地方、新潟県のほぼすべて、長野県の一部、そして関東の大部分となり、約5000万人が居住している。放射線の年間線量が人間が暮らせるようになるまでの避難期間は、自然減衰にのみ任せた場合で、数十年を要するとも予測された」。この想定に基づく「5000万人の避難計画」を著者は頭の中にとどめた。

「私心を捨てて命懸けで行動した」記録という。

幻冬舎新書 903円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。