東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと 

菅 直人著

東京電力福島原発事故から1年半が経過して、当時「総理大臣として何を考え、どう決断し、どういう気持ちで行動したか」を記した。

2週間後に専門家から提示された「最悪のシナリオ」は半径250キロメートルまで避難の必要が及ぶというもの。そうなると、「青森県を除く東北地方、新潟県のほぼすべて、長野県の一部、そして関東の大部分となり、約5000万人が居住している。放射線の年間線量が人間が暮らせるようになるまでの避難期間は、自然減衰にのみ任せた場合で、数十年を要するとも予測された」。この想定に基づく「5000万人の避難計画」を著者は頭の中にとどめた。

「私心を捨てて命懸けで行動した」記録という。

幻冬舎新書 903円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。