シダックスが東電電力館を借りフィットネス

かつての“原発広告塔”が一新

東京・渋谷のシダックス本社ビル。右下奥が旧「渋谷電力館」

かつての“原発広告塔”がカルチャーとスポーツの総合施設に生まれ変わる。

給食事業とレストランカラオケ事業、そして子会社・大新東による車両運行代行等のトータルアウトソース事業を3本柱とするシダックスは、東京電力傘下の東電不動産から「渋谷TFビル(旧渋谷電力館)を借り受け、来年4月に「シダックス・カルチャー・ビレッジ」として開業することをこのほど発表した。

旧渋谷電力館は東京電力のPR施設で、原子力発電を含む電力関連の“広告塔”ともいえる象徴的な施設だった。東電福島第一原子力発電所事故の余波で昨年5月末に閉館。渋谷電力館のちょうど隣に本社ビルを持つシダックスが東電側に働きかけて、今回借り受けることになった。

シダックスが旧渋谷電力館を借り受ける最大の理由は「スポーツ&カルチャー事業」への本格参入。同社はシダックス・カルチャー・ビレッジにおいて、カルチャースクールとスポーツクラブを融合させた新しい学びの場として、「CULTURE WORKS(カルチャーワークス)」をスタートさせる。

シダックス・カルチャー・ビレッジのフロア構成は未定の部分もあるが、2階に受付を設け、3階がカルチャー向けスタジオや、ロッカールーム、4階がフィットネススタジオ、5階がHIP HOPダンスや武道などのスタジオなどとなるもようだ。

次ページ全国300店で展開も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。