メガロスが「男も使える」小型フィットネス

女性専用「カーブス」に対抗

米国生まれで、今や日本でも1200店にも達しようとしている女性専用フィットネスクラブの「カーブス」。従来のフィットネスに比べ、こじんまりとしたスペースに筋力トレーニングなどのマシンを配置し、勤め帰りのOLなどが30分もあれば運動メニューをひととおり消化できることから、「コンビニフィットネス」とも呼ばれている。

そのカーブスに“対抗”する形で、フィットネス業界中堅のメガロスが、「男も使える」コンビニフィットネスに乗り出した。

11月1日、メガロスが調布店の一角に、ショップ・イン・ショップの形式で正式オープンしたのが「らくのびステーション」(上写真)だ。調布店のフロントラウンジ前のエリアを改修し、マシンを設置。筋力トレーニング向けではなく、ストレッチ運動に的を絞っている。

次ページカーブスに対抗
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。