メガロスが「男も使える」小型フィットネス

女性専用「カーブス」に対抗

米国生まれで、今や日本でも1200店にも達しようとしている女性専用フィットネスクラブの「カーブス」。従来のフィットネスに比べ、こじんまりとしたスペースに筋力トレーニングなどのマシンを配置し、勤め帰りのOLなどが30分もあれば運動メニューをひととおり消化できることから、「コンビニフィットネス」とも呼ばれている。

そのカーブスに“対抗”する形で、フィットネス業界中堅のメガロスが、「男も使える」コンビニフィットネスに乗り出した。

11月1日、メガロスが調布店の一角に、ショップ・イン・ショップの形式で正式オープンしたのが「らくのびステーション」(上写真)だ。調布店のフロントラウンジ前のエリアを改修し、マシンを設置。筋力トレーニング向けではなく、ストレッチ運動に的を絞っている。

次ページカーブスに対抗
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT