メガロスが「男も使える」小型フィットネス

女性専用「カーブス」に対抗

米国生まれで、今や日本でも1200店にも達しようとしている女性専用フィットネスクラブの「カーブス」。従来のフィットネスに比べ、こじんまりとしたスペースに筋力トレーニングなどのマシンを配置し、勤め帰りのOLなどが30分もあれば運動メニューをひととおり消化できることから、「コンビニフィットネス」とも呼ばれている。

そのカーブスに“対抗”する形で、フィットネス業界中堅のメガロスが、「男も使える」コンビニフィットネスに乗り出した。

11月1日、メガロスが調布店の一角に、ショップ・イン・ショップの形式で正式オープンしたのが「らくのびステーション」(上写真)だ。調布店のフロントラウンジ前のエリアを改修し、マシンを設置。筋力トレーニング向けではなく、ストレッチ運動に的を絞っている。

次ページカーブスに対抗
関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。