グーグル会長訪問で見えた北朝鮮のネット事情

利用される検索エンジンは1社だけ

 韓国・米国製端末の使用は、もはや当たり前

さらにRFAは、「中国から貿易会社など北朝鮮企業と取引する際の連絡手段として、北朝鮮の国民はグーグル・メールを利用している」と明らかにし、かつてRFAが接触したことがある北朝鮮の人物も、「juche(主体、チュチェ)・・@gmail.com」(・・には人物名が入る)をつかっていた、と紹介している。

平壌市内で北朝鮮を訪れた観光客が宿泊するホテルでは、どの客室もインターネットの接続はできない。ただ、イベントなどで入国したメディア関係者に向けて、ホテルなどに設置されるプレスセンターでは、メールなどネットの利用ができる場合もある。

一方、北朝鮮の党・政府で働く公務員の中にも、限定的ながらインターネットの利用は可能な者はいる。時折、名刺には、メールアドレスが記されたものもある。ある韓国政府関係者は「平壌市内に住む一部エリート層は、自由にネットに接続できる環境にある」と述べ、「なかでもグーグルのgmail.comでメールアドレスを作成する人も少なくない」と証言する。

また、パソコンからではなく、最近では米国アップル社製の「iPad」など、タブレッド型端末から接続するケースも増加中だ。

ある韓国の北朝鮮研究者は「中国で北朝鮮関係者と会うと、北朝鮮国内用の携帯電話以外にも、サムスン電子のギャラクシーなど、スマートフォンを手にしていることが増えた」と打ち明ける。この研究者が「なぜ韓国製を持っているのか」と聞くと、大部分が「必要だから」と自然に答えて驚いた、と話す。

シュミット会長の滞在中の行動は明らかにされていないが、科学技術関連の大学を訪問するという話も出ている。

実は、2010年には北朝鮮の局長級の公務員が米カリフォルニア州にあるグーグル本社を訪問したことがある。情報鎖国の北朝鮮と世界最大の情報企業であるグーグルの「新たな出会い」が今後、何らかの変化を起こすか注目される。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。