中国のトイレは、なぜ汚いのか トイレを見れば、その国のレベルがわかる

印刷
A
A

使用後、トイレが「ビショビショ」に汚れており、途方に暮れる旅館関係者も少なくない。さらに、これは本当か、と耳を疑ったが、洋式トイレで座らずに、上に乗って用を足す人がいるとの話も複数聞いた。あろうことか、なんと「流さない」旅行者もいるというのだから…。

「家中トイレ」は、きれいになっているのだが…

とはいえ、中国の国内に話を戻すと、大きな変化も見られる。知人の家を訪ねたりするときに気づくのだが、最近の中国人の「家中トイレ」は、明らかにきれいになっているのだ。ところが公衆トイレはまだ汚いのだ。このギャップは何から来るのか。それは「自分のものではない」という感覚、つまり、社会主義の公共財産に対して「保護義務」が薄い心理が、根底にあると思われる。

環境問題がそうであるように、世界最大の勢力である中国人のトイレがきれいになったら、地球も随分ときれいになるだろう。

もちろん、今でこそ少しは大きな顔ができるようになったが、ひと昔前は、悪名高い「農協ツアー」のように、日本人も外国では散々さげすまれたものである。温かく隣人の中国を見守ることに、いまの日本の役割があるのかもしれない。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT