銅価格急落で懸念される、中国バブルの崩壊

いま、中国で何が起きているのか①

「バブル退治のために、俺に悪役をやってくれって?」李克強首相(右)は習近平主席(左)にそんな話をされてはいないだろう。だが筆者は、レアメタル取引の経験から、中国経済が警戒すべき局面を迎えたと感じている(ロイター/アフロ)

数日前から香港と深圳に来ている。主目的はアセアンにおけるレアメタル開発のパートナーとの打合せだ。だが、どの得意先と意見交換をしても、「中国経済の崩壊は、まだまだ先の話」との意見が多い。

2008年のリーマンショック前夜のような雰囲気?

彼らの話を要約すると、こうだ。「確かに理財商品のデフォルトは一部に起きている。だが、いずれも小さな規模であり、中国経済全体に影響を与えるものではない」というものだ(この意見の根拠は、次回以降に書く予定だ)。

もちろん、バブル崩壊がないことに越したことはない。だが、振り返ると、2008年のリーマンショック前にも、同じような空気が大勢を占めていたことを思い出す。そうしてみると、われわれ日本人ビジネスマンには、いまの「彼らの意見」にはやはり違和感があるのだ。

リーマンの時も、サブプライムローンの問題があきらかになって、しばらくたってから、バブルが崩壊した。しかもそれはいったん崩壊すると急激なものであった。あのときといまの中国を比較すると、類似点が多い気がしてならない。

現在の中国経済は非常に不安定だ。どう見ても実需とかけ離れた建設現場を見ると、バブルが明日弾けても不思議ではないと思う。それでも中国各地にある、入居者のいない不気味な「空マンション」は、なお増えている。

そこで今回は「いま中国で何が起きているのか?」について、焦点を当ててみたい。まずは、3月に暴落した、不気味な銅相場の背景について書いてみたい。

次ページ銅価格の急落からわかることとは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT