金融緩和よりも、株価に効く政策がある

山崎 元が読む、ちょっと先のマーケット

アベノミクスは試練の時。筆者が「3つの打開策」の可能性を探る(AP/アフロ)

 アベノミクスが「試練の春」を迎える。

現在のアベノミクスには、「あるけれども、実行されていないもの」と「はじめからないもの」の二つの欠落がある。

前者は、いわゆる第三の矢で、規制緩和を中心とするはずだった成長戦略だ。これは、政策として大切だが、もともと実現が期待できるものではなかった。官僚と既得権の壁は厚い。また、効果が出るとしても時間が掛かるものが多く(例外は後述)、「成長戦略がないから、景気は腰折れするし、株価は上がるはずがない…」という意見は、気持ちは分かるが、タイム・スパン的に当を得ていない。

一方、もともと欠落しているのは、再分配政策だ。年金、生活保護などの制度を総合的にリフォームすることをはじめとする再配分政策は、政策パッケージとしてのアベノミクスに入っていない。

これは、別途取り組むべき重要課題だが、安倍内閣の動きは鈍い。ただし、こちらも当面の景気や市場の動きに、直ちに影響するものではない。

金融緩和(第一の矢)は、やった方が良かったし、効果が出た。また、財政出動(第二の矢)は、一時的なものだが、ここまでのところ景気の下支え効果を持った。

次ページアベノミクスは3つの試練を克服できるか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT