みなさん、アメリカ経済は調子いいですよ

ぐっちーさんが読む、ちょっと先のマーケット

アメリカ経済は好調。オバマ大統領に加え、ミシェル夫人の「食育」も評価。健康志向が高まれば、日本にも好影響だ(昨年の復活祭のイベントで、ロイター/アフロ)

昨年からこのコラムでも何度か予想していた通り、今年はアメリカ経済が順調で、エマージングマーケットの混乱をよそに、先進国経済は比較的良好という状況になっております。

著しく改善している、アメリカ家計のバランスシート

年初からアルゼンチンが債務問題をおこし、次はウクライナと、政治的には大変な問題をはらんだ事件ですが、こと金融経済的にはほぼ影響がない、と言い切っていいと思います。ウクライナ問題で日本の株式市場が崩れた、などといったニュアンスで書いている経済新聞がありますが、「マジ」で見識を疑う見解ですね。何を見ているのでしょうか。

アメリカ経済は悪天候の影響で昨年の12月、今年の1月とマクロ的には多少スローダウンした数字が出てきましたが、すでに住宅投資は回復しており、7日発表の2月の雇用統計では非農業部門の就業者数がおそらく月間20万人程度という、予測の上限に近い数字が出るはずです。

リーマンショックでダメージを受けた家計のバランスシートの負債問題の改善も急ピッチで、夏にかけて自動車販売なども好調に推移し、アメリカが世界経済をけん引する年になると見ています。

次ページオバマ大統領の評価に異議あり!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。