みなさん、アメリカ経済は調子いいですよ

ぐっちーさんが読む、ちょっと先のマーケット

アメリカ経済は好調。オバマ大統領に加え、ミシェル夫人の「食育」も評価。健康志向が高まれば、日本にも好影響だ(昨年の復活祭のイベントで、ロイター/アフロ)

昨年からこのコラムでも何度か予想していた通り、今年はアメリカ経済が順調で、エマージングマーケットの混乱をよそに、先進国経済は比較的良好という状況になっております。

著しく改善している、アメリカ家計のバランスシート

年初からアルゼンチンが債務問題をおこし、次はウクライナと、政治的には大変な問題をはらんだ事件ですが、こと金融経済的にはほぼ影響がない、と言い切っていいと思います。ウクライナ問題で日本の株式市場が崩れた、などといったニュアンスで書いている経済新聞がありますが、「マジ」で見識を疑う見解ですね。何を見ているのでしょうか。

アメリカ経済は悪天候の影響で昨年の12月、今年の1月とマクロ的には多少スローダウンした数字が出てきましたが、すでに住宅投資は回復しており、7日発表の2月の雇用統計では非農業部門の就業者数がおそらく月間20万人程度という、予測の上限に近い数字が出るはずです。

リーマンショックでダメージを受けた家計のバランスシートの負債問題の改善も急ピッチで、夏にかけて自動車販売なども好調に推移し、アメリカが世界経済をけん引する年になると見ています。

次ページオバマ大統領の評価に異議あり!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT