2014年は「アメリカ・ルネッサンス」だ

33年連続1位の米人気エコノミストが強気予測

今年も間もなく「光の祭典」。2014年のアメリカは強気で良い?(2012年のロックフェラーセンターのXマス点灯式、ロイター/AP)

「2014年は好景気」、過去5年で最も強気のハイマン氏

今年もハイマンさんがやってきた。全米エコノミストランキングで33年間連続第1位(インスティテューショナル・インベスター誌)のエド・ハイマン氏は、ニューヨークの調査会社ISIを率いるカリスマ分析者だ。訪日回数が「今度で41回目」という日本大好き人間でもある。毎年秋にはかならず日本に来て、岡三証券主催の法人セミナーに登場してくれる。

全米エコノミストランキング33年連続1位のエド・ハイマン氏は、大の日本好き

で、なぜか2008年からは、このハイマンさんに質問する役を筆者が頂戴している。表向きはパネルディスカッションということになっているが、ぶっちゃけで言えば掛け合い漫才の突っ込み担当といったところか。過去にハイマンさんは、「QE3はかならずある。野球でもバットは3回まで振っていいんだ」などの名言を残している。11月7日、今年も会場は300人以上のお客さんで一杯だった。もちろん筆者にとっても、アメリカ経済について考える貴重な定点観測の場である。

結論から言うと、ハイマンさんは過去5年間で今年が最も強気であった。2013年はQEのお蔭で株価が上がった年であったが、2014年は本当に景気が良くなるだろう、と言う。なぜなら、そこには3つの要素があるからだ。

次ページハイマンさんが指摘する3つの要素とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。