2014年は「アメリカ・ルネッサンス」だ

33年連続1位の米人気エコノミストが強気予測

FRBのホンネはどこに?

が、それと同時に、8月と9月のデータも上方修正されている。これで直近3か月の雇用は平均20万人増のペースになっていることになる。もちろん、労働参加率が低下していることを考慮すると、アメリカの雇用情勢が完全に好転しているとは言い難い。それでも、これで11月の雇用統計(12月6日発表)も連続して良いようなら、米連銀の資産買い入れ額の縮小、いわゆるテーパリングも間近ということになりそうだ。

以下に今後の日程を掲げておこう。12月6日の雇用統計が良ければ、12月のFOMCで縮小開始。ただし議会の超党派協議会が激しく揉めているようなら、14年1月15日にまたまた政府閉鎖の恐れが出てくるので、その場合は1月末まで様子見か。いずれにせよ、バーナンキ議長のお別れのタイミングまでには、QE縮小に着手したいというのがFRB(米連邦準備制度理事会)のホンネではないかと推察する。

<今後の主要日程>

2013年

12月6日:11月雇用統計
 12月13日:超党派協議会の勧告期限
 12月17-18日:FOMC→① 現メンバー最後の会合

2014年

1月1日:オバマケア(ACA)が始動

1月15日:暫定予算の期限→政府再閉鎖?
 1月28-29日:FOMC→② バーナンキ議長お別れ会合
 1月31日:バーナンキ議長任期切れ
 2月7日:債務上限到来→延長操作?(4~5月に先送り)
 3月18-19日:FOMC→③ イエレン次期議長登場
 4月29-30日:FOMC→④
 6月17-18日:FOMC→⑤

ちなみにハイマンさんによれば、「12月か1月にテーパリングが行われる確率は6割」「金融政策の手法は、バーナンキのQEからイエレンのForward Guidanceへと変化していく」とのことであった。

そろそろアメリカ経済に対する認識を、大きく変えるべきタイミングが近づいているのではないだろうか。

次ページさて競馬。週末はジャパンカップだが、為替の影響が…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT