マスコミよ、アメリカ財政破綻と書くな!

デフォルトの危機なんて言っているのはだれ?

政府機関が再開、会見するオバマ大統領(AP/アフロ)

ガバメントシャットダウンに揺れ、財政状況がどうのこうの、はてはアメリカがデフォルトするとまで巷で騒がれたわけですが、みなさん、真面目にアメリカ経済を見ていますか??とあえて問いたいと思います。

もちろん、共和党との議論はあるにせよ、万が一アメリカが債務上限問題にひっかかり、国債を借り換えできないとなると、結局はその原因はすべて共和党が負うことになります。事実、今回のシャットダウン事件で共和党の支持率は26%まで落ち込んでしまいました。11月6日のニューヨーク市長選挙が、民主党のほぼ無名候補に近かったデブラシオ氏に決まったのもこの動きと無縁ではありません(詳細は他の方に譲りますが……)。

つまり、共和党は細部にこだわったあまり自分を窮地に追い込んでしまったという面が強いのです。

次ページ本当にアメリカの財政は厳しいのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT