マスコミよ、アメリカ財政破綻と書くな!

デフォルトの危機なんて言っているのはだれ?

政府機関が再開、会見するオバマ大統領(AP/アフロ)

ガバメントシャットダウンに揺れ、財政状況がどうのこうの、はてはアメリカがデフォルトするとまで巷で騒がれたわけですが、みなさん、真面目にアメリカ経済を見ていますか??とあえて問いたいと思います。

もちろん、共和党との議論はあるにせよ、万が一アメリカが債務上限問題にひっかかり、国債を借り換えできないとなると、結局はその原因はすべて共和党が負うことになります。事実、今回のシャットダウン事件で共和党の支持率は26%まで落ち込んでしまいました。11月6日のニューヨーク市長選挙が、民主党のほぼ無名候補に近かったデブラシオ氏に決まったのもこの動きと無縁ではありません(詳細は他の方に譲りますが……)。

つまり、共和党は細部にこだわったあまり自分を窮地に追い込んでしまったという面が強いのです。

次ページ本当にアメリカの財政は厳しいのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。