マスコミよ、アメリカ財政破綻と書くな!

デフォルトの危機なんて言っているのはだれ?

政府機関が再開、会見するオバマ大統領(AP/アフロ)

ガバメントシャットダウンに揺れ、財政状況がどうのこうの、はてはアメリカがデフォルトするとまで巷で騒がれたわけですが、みなさん、真面目にアメリカ経済を見ていますか??とあえて問いたいと思います。

もちろん、共和党との議論はあるにせよ、万が一アメリカが債務上限問題にひっかかり、国債を借り換えできないとなると、結局はその原因はすべて共和党が負うことになります。事実、今回のシャットダウン事件で共和党の支持率は26%まで落ち込んでしまいました。11月6日のニューヨーク市長選挙が、民主党のほぼ無名候補に近かったデブラシオ氏に決まったのもこの動きと無縁ではありません(詳細は他の方に譲りますが……)。

つまり、共和党は細部にこだわったあまり自分を窮地に追い込んでしまったという面が強いのです。

次ページ本当にアメリカの財政は厳しいのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。