シェール革命で日米が世界経済をリードする

安価なエネルギー価格で、アメリカはデフレ下の景気回復に

シェール革命は世界に及ぼうとしている(JOGMEC提供)

アメリカではシェールガス革命が起こり、世界でもっとも安価なエネルギーがアメリカの企業の競争力を高めようとしているばかりか、世界中の企業をアメリカに引きつけ始める要因ともなっています。シェールガス革命を契機に、設備投資や雇用が増加傾向をたどり、アメリカ経済が本当の繁栄を取り戻すのは、そう遠くない将来のこととなるでしょう。

世界は「石油社会」から「ガス社会」へ

シェールガス革命は「21世紀最大のイノベーション」です。モノづくりを根本から変えるだけでなく、今の「石油社会」を「ガス社会」に変えるという意味でも、18世紀に英国で起こった産業革命に次ぐ「第2次産業革命」と言っても、過言ではないのかもしれません。

しかし、シェールガス革命の光の面が「アメリカ経済の復活をもたらす」ということであるなら、影の面は「世界のエネルギーの戦力図を一変させ、既存の資源国を苦境に追いやる」ということになるでしょう。

次ページ大きな「武器」を手にしたアメリカ。日本経済が復活するためには?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT