日本こそ、TPPの恩恵を最大限に享受できる

アジア貿易拡大に加え、傍若無人の中国も抑え込め

歴史的にもアメリカと組むのが自然か(08年の洞爺湖サミット、日本雑誌協会)

日本経済の歴史を検証すれば、日本が世界経済との結びつきを強めながら経済発展を遂げてきたことは、疑う余地がない事実です。ということは、アメリカがTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)で持っている発想と同じように、今後の日本は成長が著しいアジア地域との関係を強化していくことが、当たり前の対応となるはずです。

日本はTPPに、真っ先に手を挙げるべきだった

日本はむしろ、アメリカがTPPのような枠組みを提供してくれたことに感謝して、真っ先に参加を表明し、TPPをテコに、さらなる経済発展を目指すべきではなかったのでしょうか。

TPPが日本経済を悪化させるというのは、明らかな間違いです。TPPに限らず自由貿易協定の類は、長い目で見て、先進国のほうが新興国よりもずっと有利だからです。経済が成熟した先進国は緩やかな成長を余儀なくされますが、アジアの新興国はたとえ停滞したとしても、それでも高い成長を持続することが期待できるのです。

次ページ途上国が経済発展すると、必ず起きる消費行動とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT