日本人の健康・長寿は世界一のブランド力

先端医療+観光で外貨を稼げ!

 

日本の医療は外貨を稼げる(重粒子医科学センター病院の重粒子線がん治療施設、撮影:山内 信也)

 

 過去2回のコラムでは、農業と観光のポテンシャルの高さについて述べましたが、今回は、医療をとりあげます。日本を成長へと導く3つめの産業として、医療をあげたいと思います。目下、日本では新しい医療技術がたくさん普及しようとしています。

世界の最先端を行く日本の医療技術

その1つが、がん細胞のDNAを破壊する放射線治療です。がん細胞をピンポイントで狙い撃ちできるわけではありませんが、陽子線や重粒子線などの放射線は、エックス線やガンマ線と比べれば、がん細胞周辺の正常な細胞を傷めるリスクが少なく、高い治癒率を挙げています。

ただし、診察料だけは保険が適用されますが、治療費は保険の適用外のため250~300万円と高額になってしまいます。それゆえ保険適用を望む声が強いのは理解できますが、日本の厳しい保険財政を考えると、すべてを保険適用にするのは難しいと言わざるを得ないでしょう。

新しい医療技術としては、がんの陽子線治療や重粒子線治療のほかにも、高度な内視鏡手術や免疫療法、遺伝子治療や再生治療など数多くの技術が成果を上げています。さらには、最先端の医療器械としては、体に負担をかけずに済むガンマナイフや、患部だけを切りとれるITナイフなどがあり、また、医療ロボットも実用化に向けての研究が進んでいます。

次ページ日本の医療に求められる、新たな発想とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT