日本人の健康・長寿は世界一のブランド力

先端医療+観光で外貨を稼げ!

 

日本の医療は外貨を稼げる(重粒子医科学センター病院の重粒子線がん治療施設、撮影:山内 信也)

 

 過去2回のコラムでは、農業と観光のポテンシャルの高さについて述べましたが、今回は、医療をとりあげます。日本を成長へと導く3つめの産業として、医療をあげたいと思います。目下、日本では新しい医療技術がたくさん普及しようとしています。

世界の最先端を行く日本の医療技術

その1つが、がん細胞のDNAを破壊する放射線治療です。がん細胞をピンポイントで狙い撃ちできるわけではありませんが、陽子線や重粒子線などの放射線は、エックス線やガンマ線と比べれば、がん細胞周辺の正常な細胞を傷めるリスクが少なく、高い治癒率を挙げています。

ただし、診察料だけは保険が適用されますが、治療費は保険の適用外のため250~300万円と高額になってしまいます。それゆえ保険適用を望む声が強いのは理解できますが、日本の厳しい保険財政を考えると、すべてを保険適用にするのは難しいと言わざるを得ないでしょう。

新しい医療技術としては、がんの陽子線治療や重粒子線治療のほかにも、高度な内視鏡手術や免疫療法、遺伝子治療や再生治療など数多くの技術が成果を上げています。さらには、最先端の医療器械としては、体に負担をかけずに済むガンマナイフや、患部だけを切りとれるITナイフなどがあり、また、医療ロボットも実用化に向けての研究が進んでいます。

次ページ日本の医療に求められる、新たな発想とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT