シェール革命で、アメリカはデフレになる

アメリカの景気が回復するなかで、避けられないこと

北米ではシェール革命が進行中(テキサス州のガス田、Newscom/アフロ)

シェール革命によって、アメリカの景気が本格的に回復する過程で、かなり高い確率で避けられない経済現象があります。それは、物価が持続的に下落するという「デフレ」の現象です。つまり、アメリカはデフレの状況で景気回復を達成するということになるのですが、これは一体どういうことなのでしょうか。

シェールガスやオイルの生産は右肩上がり

みなさんの頭の中には、「デフレは悪い経済現象だ」という固定観念が染みついてしまっているのではないでしょうか。しかし、それは誤った認識です。デフレと不況にはまったく関係性がありません。そのことについては、あとで経済の歴史を検証しながら解き明かすとして、ここからは、なぜシェール革命がアメリカにデフレをもたらすことになるのかということを、きちんと順序立てて説明していこうと思います。

シェールガスやシェールオイルの生産量は、今後も右肩上がりで増え続ける見通しにあります。アメリカ国内で多数の中小企業がシェール開発を進めているのに加えて、石油メジャーまでもが相次いで、長期的な計画に基づき、北米を中心に世界的なシェール開発に乗り出し始めているからです。

次ページ北米の最新状況を分析して見よう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT