シェール革命で、アメリカはデフレになる

アメリカの景気が回復するなかで、避けられないこと

ガスに力を入れる石油メジャー、中小企業はメジャーとの対立避けオイルへ

石油メジャーの中でもアメリカのエクソンモービルは、シェール開発に最も積極的に投資しています。同社は2010年に、シェールガスで急成長していた米ガス生産2位のXTOエナジーを買収し、その後も国内外でシェール開発に絡む企業や資産の買収を次々に成功させています。11年以降、国内では代表的なシェールガス田であるバッケンの資産を買収し、国外ではカナダのガス田を買収。さらにロシアやアルゼンチンではシェールオイルの開発に着手しているのです。

アメリカのエクソンモービルにやや遅れはしましたが、英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルや米シェブロンも、次々とシェール開発のための投資や進出先を増やし始めています。

英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルは他のメジャーに先駆けて世界中で液化天然ガス(LNG)の開発を進めてきたことに強みがありますが、その強みを生かすためにもアメリカやカナダでシェールガス田の開発を積極的に進めようとしています。米シェブロンもアメリカでのシェールガス田の開発に加え、カナダやアルゼンチンでシェールガスを液化天然ガス(LNG)にして輸出する計画に参加しています。

このようにして見てみると、全体として石油メジャーは強固な財務基盤を武器に、アメリカ・カナダの北米ではシェールオイルよりもシェールガスの開発に重きを置いているようです。そのために、メジャーより先にシェールガスの開発を行っていた中小企業の多くは、石油メジャーとの厳しい競争を避けて、徐々にシェールガスより利益が大きいシェールオイルのほうに開発をシフトしてきています。アメリカで11年~12年のあいだにシェールオイルの生産量が以前よりも急激に伸びているのは、シェールオイルの開発に参入し始めた中小企業の力によるものが大きいのです。

次ページ新エネルギーの生産増は何をもたらすのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT