原油1バレル=150ドル時代は2度と来ない

シェール革命がもたらす、「ピークオイル論」の終焉

原油が1ドル=150バレルに迫る時代は、もう来ない(写真は2008年の高騰時、撮影:今井 康一)

原油価格の代表的な指標であるWTIの推移を見ると、2008年1月に初めて1バレルあたり100ドルを超え、同年7月には150ドル近くにまで高騰したことがありました。

原油が「超高騰」する時代は、もう来ない

しかし、もう二度と150ドルに迫るような場面は訪れないだろうと思われます。シェール革命によって、化石燃料の寿命は少なくとも400~500年延びたといわれる中で、世界の原油生産量はすでに頂点に達し、その後は減少に向かうという「ピークオイル論」は明確に否定されてしまったからです。

世界の人々が原油の枯渇を心配したピークオイル論の時代は、これまで何度かありました。第2次世界大戦以降では、オイルショックが起こった1970年代、原油が高騰した2005~2010年がこれに当たります。原油が枯渇するという根拠は、原油を発見・採掘する技術が限界に突き当たるという見解から来ています。

次ページ技術革新で、現実は過去の想定と違ったものに
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。