シェール革命の「都」に、群がる日本企業 製造業が息吹き返すヒューストンの今

印刷
A
A

ノースダコタ州を中心としたバッケン地域と並ぶ、「シェール革命」のもう1つの最前線。それが、世界中の「オイル&ガス」のヒトと情報が集結し、“エネルギーの都”と呼ばれるテキサス州ヒューストン(写真)だ。周辺の郡部も含め500万を超す人口を擁するこの全米第4の大都市も、景気はすこぶるいい。

オフィスや住宅では、「5年ぶりの契約更改で賃料が3割上がった」「3年前と比べ倍になった」といった悲鳴が相次ぐ。石油メジャーが本拠を構えるダウンタウン地区から、日本企業の拠点が多い西のアップタウン地区にかけ、建設中のクレーンが目につく。テナント募集前から着工するオフィスもあるほど。流入企業の急増で、需要を心配する必要がまったくないからだ。

通勤ラッシュ時には片側6車線の高速道路ですら渋滞に見舞われる。タクシー運転手やレストラン、ホテルの経営者、地元記者など皆「景気はいい」と口をそろえる。そして決まり文句のように「オイル&ガスのビジネスのおかげ」と言う。

テキサス州は元来、メキシコ湾海底油田を含め、在来型油ガス田で米国を代表する地帯。そこへシェールガス開発で先行した「バーネット」と呼ばれるシェール層に続き、油分の多い「イーグルフォード」というシェール層が2008年に開発され、経済効果は格段に高まった。

日系企業の参入も活発で、「採掘権益取得などで商社が駐在員を大幅増員したり、安価なガスを利用すべく化学メーカー等が工場を建設したりする動きが増えている」(木村誠ジェトロ・ヒューストン所長)。

地主に巨富もたらす仕組みがシェール開発を後押し

イーグルフォードは昔からの在来型油ガス田であるため、パイプライン網が発達しているのが強み。油質も高く、WTIに対して5ドル前後のプレミアムがついている。探鉱で「はずれ」のリスクも比較的低いとされる。ただその分、権益の価格がヒートアップしており、後発組にとっての参入障壁となっている。

次ページ牧場主の懐には毎日1000万円が…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT