スーツ価格じわり上昇、セール合戦と決別か

高単価品の販売増も平均単価上昇の一因

サラリーマンの“制服”、スーツの価格がじわりと上がってきている。

紳士服チェーン各社のスーツ単価は1990年代から低下が続いてきたが、2010年ごろに底打ち。最大手の青山商事では、13年春夏物(4~9月)のスーツ平均単価が5年ぶりに2万5000円を突破した。秋冬物も単価の上昇傾向は続いているという。

そもそも、青山商事とAOKIの大手2社のスーツ単価は90年代初頭のピーク時には約4万円と、現在より6割以上高かった。90~00年代に単価が急激に下がったのは、生産面での変化が大きな要因だ。紳士服チェーンはアパレル業界でいち早く、仕入れを国内から生産コストの安い中国に移した。デフレ環境下で低価格攻勢をかけ、百貨店などのシェアを奪う形で成長を遂げてきた。

その後、同業間の価格競争が激化。00年代初頭には、大手各社が1万円台後半と2万円台後半の二つの価格帯だけを販売する「ツープライス業態」を次々に立ち上げ、業容を拡大。「スーツ2着目1000円」などのセールも常態化し、平均単価は2万4000円台まで下落した。

一時は落ち着いたものの、08年のリーマンショック前後にはイオンや西友などの総合スーパー(GMS)が、5000円や7000円の激安スーツを販売。紳士服チェーンもこれに対抗したことで、価格競争が再燃した。

次ページ高級スーツも販売好調
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悩める小売り2大巨頭<br>セブン、イオンの盲点

失態続きのセブン&アイ・HD。鈴木敏文元会長が推進したオムニチャネル事業関連など、「負の遺産」とも言うべき子会社の業績不振も深刻だ。イオンも赤字を垂れ流す問題児に頭を抱える。岐路に立つ両社のグループ経営の問題点にメスを入れる。