スーツ価格じわり上昇、セール合戦と決別か

高単価品の販売増も平均単価上昇の一因

サラリーマンの“制服”、スーツの価格がじわりと上がってきている。

紳士服チェーン各社のスーツ単価は1990年代から低下が続いてきたが、2010年ごろに底打ち。最大手の青山商事では、13年春夏物(4~9月)のスーツ平均単価が5年ぶりに2万5000円を突破した。秋冬物も単価の上昇傾向は続いているという。

そもそも、青山商事とAOKIの大手2社のスーツ単価は90年代初頭のピーク時には約4万円と、現在より6割以上高かった。90~00年代に単価が急激に下がったのは、生産面での変化が大きな要因だ。紳士服チェーンはアパレル業界でいち早く、仕入れを国内から生産コストの安い中国に移した。デフレ環境下で低価格攻勢をかけ、百貨店などのシェアを奪う形で成長を遂げてきた。

その後、同業間の価格競争が激化。00年代初頭には、大手各社が1万円台後半と2万円台後半の二つの価格帯だけを販売する「ツープライス業態」を次々に立ち上げ、業容を拡大。「スーツ2着目1000円」などのセールも常態化し、平均単価は2万4000円台まで下落した。

一時は落ち着いたものの、08年のリーマンショック前後にはイオンや西友などの総合スーパー(GMS)が、5000円や7000円の激安スーツを販売。紳士服チェーンもこれに対抗したことで、価格競争が再燃した。

次ページ高級スーツも販売好調
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT