退屈なアメリカンファッションを変える才能

ユニクロからバレンシアガまでを魅了

退屈と言われた米国製ファッションを変える力を持つのが、アレキサンダー・ワング(写真中央)だ(写真:アフロ)

しばらくの間、アメリカン・ファッションと言えば、コンサバで少々退屈なファッションを指していた。キャリアウエアとして通じるソツのない服、あるいはボディラインをくっきりと見せるようなフェミニンな服。

ところがここ数年、そのアメリカン・ファッションが面白くなっている。若い世代のファッション・デザイナーらが、パリやミラノ、ロンドンのクリエーティビティにも引けを取らない新風を吹かせているからだ。そして、その中核にいるのがアレキサンダー・ワングである。

ワングのファションは、一言では言い表しにくい。ガーリーでありながらフェミニンではなく、カジュアルでありながら、だらしなくない。「クールな女性が好きな服」とか「モデルの普段着」とよく表現されるように、ワングのデザインはスポーティで都会的で、それでいてリラックスしていてシャープという、面白いコンビネーションで成り立っているのだ。

新しいアメリカンファッションを体現する、アレキサンダー・ワングの服(同ブランドHPより)

パリのファッションのような小難しさもないが、だからと言って技なしにできるファッションではない。本能的で高度なセンスの持ち主だけが作り上げられる服なのだ。

超高価なハイファッションへの挑戦

ワングは1984年、台湾系アメリカ人の両親の元に生まれた。今年29歳。18歳のときに、生まれ育ったサンフランシスコからニューヨークに移り住み、最高峰のデザイン学校であるパーソンズ・スクール・オブ・デザインに入学。2005年、入学後わずか2年にして、自分のファッション・ハウスを作ることを決心。カシミアを使った巧みなユニセックスのニットウエアのラインを発表した。

ウィメンズ・コレクションを発表したのは2007年。デザイン学校は中途退学していたが、いきなり高い評価を生む。「一体、この才能がなぜ今まで隠されていたの?」とファッション関係者は驚いた。そしてそれ以来、毎年のように、CFDA(アメリカ・ファッション・デザイナー協議会)ファッション・アワードなど、次々と名誉ある賞を獲得していくのだ。

ワングの服は、高度なファッションでありながら、値段が比較的手頃であるのも魅力だ。手に届くクールな服を生む才能は、ワングのビジネスセンスの賜物と言える。彼はこんな風に語っている。

次ページユニクロとのコラボ服は、30分で完売
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。