伊勢丹が飛びついた、最新型O2Oの磁力

素人メディア「tab」が開く新しい世界

三越伊勢丹も飛びついたのが、頓智ドットが提供する「tab」だ(写真右から頓智ドット谷口昌仁社長、三越伊勢丹の京樂里奈氏、菅沼武氏)

三越伊勢丹、六本木ヒルズ、東京ミッドタウンなど、今、ファッション性の強い商業施設がこぞって注目する、次世代型O2O(オンライン・ツー・オフライン)サービスがある。ベンチャー企業、頓智ドット株式会社が提供する「tab」だ。

現在、同社のパートナー企業は、約190社。冒頭の企業のほかに、三菱地所、高島屋、HIS、ビームス、シップス、東急ハンズなどそうそうたる企業が並ぶ。さらに、雑誌の「pen」(阪急コミュニケーションズ)、「GINZA」(マガジンハウス)、「DIME」(小学館)などのメディアまでもがtabを活用している。

2012年6月末、ウェブ版「tab」のサービスが始まった。10月末にはiPhoneアプリ、13年5月にAndroid端末アプリも提供。アプリのダウンロード数は30万人強、そのうち月間のアクティブユーザー数は、約17万人に上るという。

ユーザー一人ひとりが編集長の“My雑誌”

「tabのコンセプトは、『“行ってみたい”を集めた、みんなの“My雑誌”』。写真をベースとしたスポット(場所)共有サービスだ」と話すのは、頓智ドット代表取締役社長の谷口昌仁氏だ。

“My雑誌”とはどういうものか。

ライフスタイル雑誌、旅行雑誌、ファッション雑誌などの誌面で組まれる特集を思い起こしてほしい。「下町探訪」「世界遺産」「渋谷の夜カフェ」「30代女子の通勤スタイル」など。tabでは、そうしたテーマをユーザー一人ひとりが作れる。テーマごとに、“行ってみたい”“食べてみたい”“買いに行きたい”などのリアルの場所を集めて、自分の“tab帳”としてまとめる。自分の興味関心、独自の目線やセンスで作れる“My 雑誌”というわけだ。

ユーザーのtab帳は公開されているため、雑誌を見る感覚で他人のtab帳を見て、行きたい場所を見つけることができる。たとえば、現在、ユーザーに人気のtab帳には、「五感で感じる!探検わくわくスポット」や「イクメンにおすすめ!モテるパパになるにはコレ」などがある。

みんなのtab帳は、人気度、新着別のほか、「食べ歩きの達人」「恋人と行きたい」「本が大好き」などのカテゴリーに分かれている。自分の今いる場所から近いスポット、渋谷、新宿、横浜といったエリアからもスポット情報を探せる。

次ページ雑誌の進化版!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。