日テレのビッグデータがTV広告を変える?

O2O2Oで消費者がここまで見える

ネットの力を使って、リアル店舗などへ消費者を促すO2O(オンライン・ツー・オフライン)。筆者がO2Oの連載を始めた2012年1月から2年が経ち、もはや業態を超えた共通のビジネス領域になった。
今、O2Oの進化版として注目されているのが、テレビ放送とO2Oの連携、O2O2O(オンエアー・ツー・オンライン・ツー・オフライン)、もしくはT2O2O(テレビ・ツー・オンライン・ツー・オフライン)。そのO2O2Oで先頭を走るのが日本テレビ放送網(日本テレビ)だ。
2013年11月、日本テレビは、バスキュール社、ビーマップ社、日本マイクロソフトの3社と共同で、新しい広告・販促モデル「O2O2O」プロジェクトの立ち上げを発表した。14年2月、バルセロナで開催されたモバイル業界の国際展示会「Mobile World Congress」では、O2O2Oプラットフォームを公開し、話題を呼んだ。
日本のテレビ業界はもちろん、世界でも類をみないO2O2Oプロジェクト。前回記事に続き、日本テレビ・編成局メディアデザインセンターの安藤聖泰氏に聞いた。

※前編はこちら:日テレがO2O2Oを加速するワケ

“テレビ→ネット→店舗”の視聴者の動きがわかる

――テレビ放映とネット、店舗をつなぐO2O2Oですが、そこで得られるデータによって、何ができますか?

JoinTVでオンエア(テレビ放送)からオンライン(ネット)に誘導したデータ、その先のオンライン(ネット)からオフライン(店舗)に促すデータが、すべてクロス集計できます。

各番組での各種クーポンの開封率、参加者の性別や年代ごとの比率などが細かく分析できます。女性にはどの番組が刺さるか、どんな企画から何のクーポンが取得されるかなども画面で確認できます。10代のデータはどうか、クーポン1を開封した人はどのような人か、店舗Aに来店した人の内訳、クーポン開封率が高かった番組など。番組側は、こうしたデータを分析して、より効果的な企画の組み立てや告知に生かせます。

O2O2Oで来店した後、店舗が持つ「購買」履歴の「ビッグデータ」領域との連携はまだできていません。初めから購買データ、POSレジとの連携はハードルが高いですが、今後はもちろんやりたいです。

次ページO2O2Oの課題は
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。