NTTが総力を上げる、O2Oの全貌

日本最大級の実証実験の衝撃(下)

前回、NTTグループが関西の巨大モールで行っているO2Oの実証実験をレポートした。

「スマートフォンを店頭でかざすだけで、各店舗のクーポンやスタンプを受け取ることができる」「巨大モールのどこに自分がいるか、アプリで正確に把握できる」「車の駐車位置もアプリで記録できて、迷わない」――。こうした新しい消費体験が今、NTTによって続々と実現されている。

今回はさらに1歩踏み込んで、NTTが仕掛けるゲーミフィケーション(ゲームの仕掛け)やソーシャルメディア活用、そしてO2OにかけるNTTグループの意気込みについて取り上げてみたい。

買物応援戦隊「HELP FIVE」

ゲーミフィケーションを活用

O2Oのような新しいサービスの最も重要な点は、一般の消費者にどのような価値を提供できるかだろう。最新のIT技術を駆使して作ったサービスも、使ってもらわなければ意味がない。

日本電信電話株式会社・新ビジネス推進室で次長を務める高屋洋一郎氏は次のように話す。

「どれくらい来店者に価値を感じてもらえるかに尽きる。まずは、使い勝手の部分。アプリがサクサク動いて操作がわかりやすいことや、自分好みの情報が手に入ること。あとは、運用部分の工夫も重要だ。アプリそのものの面白さや、来店者と店舗との新しいコミュニケーションのような部分だ」。

来店者の心をつかむため、リアルのイベントとネットを組み合わせるという取り組みも進んでいる。

たとえば、梅田の商店街「HEPファイブ」に、「買物応援戦隊HELPFIVE(ヘルプファイブ)」が突如現れるというイベント。来店者がレンジャーの写真を撮って、写真共有アプリ「ウメダ・スタイルクリップ」に投稿するとポイントがもらえる企画を実施した。

次ページゲーミフィケーションで特典も!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。