NTTが総力を上げる、O2Oの全貌

日本最大級の実証実験の衝撃(下)

前回、NTTグループが関西の巨大モールで行っているO2Oの実証実験をレポートした。

「スマートフォンを店頭でかざすだけで、各店舗のクーポンやスタンプを受け取ることができる」「巨大モールのどこに自分がいるか、アプリで正確に把握できる」「車の駐車位置もアプリで記録できて、迷わない」――。こうした新しい消費体験が今、NTTによって続々と実現されている。

今回はさらに1歩踏み込んで、NTTが仕掛けるゲーミフィケーション(ゲームの仕掛け)やソーシャルメディア活用、そしてO2OにかけるNTTグループの意気込みについて取り上げてみたい。

買物応援戦隊「HELP FIVE」

ゲーミフィケーションを活用

O2Oのような新しいサービスの最も重要な点は、一般の消費者にどのような価値を提供できるかだろう。最新のIT技術を駆使して作ったサービスも、使ってもらわなければ意味がない。

日本電信電話株式会社・新ビジネス推進室で次長を務める高屋洋一郎氏は次のように話す。

「どれくらい来店者に価値を感じてもらえるかに尽きる。まずは、使い勝手の部分。アプリがサクサク動いて操作がわかりやすいことや、自分好みの情報が手に入ること。あとは、運用部分の工夫も重要だ。アプリそのものの面白さや、来店者と店舗との新しいコミュニケーションのような部分だ」。

来店者の心をつかむため、リアルのイベントとネットを組み合わせるという取り組みも進んでいる。

たとえば、梅田の商店街「HEPファイブ」に、「買物応援戦隊HELPFIVE(ヘルプファイブ)」が突如現れるというイベント。来店者がレンジャーの写真を撮って、写真共有アプリ「ウメダ・スタイルクリップ」に投稿するとポイントがもらえる企画を実施した。

次ページゲーミフィケーションで特典も!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株主第一主義からの脱却は<br>なぜ必要か

米国の有名大企業のCEOらが、米国型資本主義の象徴「株主第一主義」を見直す声明を発表した。本誌コラムニストによる連載「ニュースの核心」では、格差拡大や中間層の消滅を防ぐだけでなく、マクロ経済政策としても有益であることを指摘。