巨人・電通が抱くO2Oの野望(上)

iPhone使って仕掛ける新しい販促

iPhone5の発売日に日本中が沸いた2012年9月21日。東京・銀座で行われたあるサービスが大きな話題を呼んだ。

GAP、アディダス、無印良品などの銀座・有楽町店で一斉に、iPhoneを使った新たなサービス「Passbook」を活用したサービスが展開されたのだ。

消費者がiPhone上で表示されたクーポンを店頭で提示すると、特製グラスやオリジナルボールペンなどのプレゼントがもらえる。たった2日間で大量のプレゼントの引き換えが完了した企業も出た。

「Passbook」はアップルの新しいO2O(オンライン・ツー・オフライン)サービスである。それは、どれほど革新的なのか。

あの電通が仕掛け人

従来の店舗のクーポン、ポイントカード、会員証などは、気がつくと増えてしまい、財布がぱんぱんになりがちだ。財布に入りきらず別のケースに入れ、肝心なときには自宅に置いてきてしまい、使えない場合もある。

このようなPassbookの画面を店頭等で提示すればサービスが受けられる

Passbookは、いつも持ち歩いている自分のiPhoneでクーポン、会員カード、チケット、搭乗券類をまとめて管理できる機能で、アップルのiPhoneやiPadに搭載される組み込みOSの最新バージョン、iOS6の標準アプリだ。必要なときにiPhoneの画面を店頭で表示して使う。

Passbookには、位置情報や時間を元に、iPhoneの画面に自動的にお知らせを通知してくれる機能がある。たとえば、クーポンやカードが使える店舗の近くに来たときや、チケットの使用期限や飛行機の搭乗時刻が近づいたときなどだ。これで、せっかくのクーポン類を使い忘れる心配もなくなるというわけだ。

消費者がiPhoneに保存しているクーポンの内容を、発行元の企業側が書き換えることができる、という機能もある。

ちなみに。PassbookはiOS6の標準機能のため、iPhoneなどのアップル端末を持っている消費者はPassbookのためのアプリを自分でわざわざインストールする必要はない。アプリの起動もいらない。魅力あるコンテンツさえ整えば、一般消費者がO2Oという消費行動を始めるには、ハードルが非常に低いサービスといえる。

次ページなぜ広告代理店の電通が?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 中学受験のリアル
  • はじまりの食卓
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。