巨人・電通が抱くO2Oの野望(上)

iPhone使って仕掛ける新しい販促

iPhone5の発売日と同時に、複数の大手企業向けにPassbookキャンペーンを展開するーー。この電光石火の“離れ業”を仕掛けたのが、国内最大の広告代理店、電通だ。

「準備期間は、ほんの1カ月程度だった。短期間にもかかわらず、大手クライアントが付き、システムがきちんと稼働した。メディアも組み込むことができた。システムは、ベンチャー企業と連携、そこのリソース、メンバーを一気に集中投下して作り上げた」。

仕掛け人の1人、電通の吉羽一高氏

電通デジタル・ビジネス局メディア企画部でアート・ディレクターを務める吉羽一高氏は、立ち上げ時を振り返り、胸を張る。

テレビCMなどの大手マス広告を手掛ける巨人、電通のイメージからは想像できない機動力だ。

 吉羽氏は、いち早くPassbookに取り組んだ背景をO2Oの観点からこう話す。

「昔、オンラインからオフラインへ誘客する“クリック&モルタル”という言葉が注目され、浸透し、現在は使われなくなった。ここにきて、スマートフォンの普及に伴い、“O2O”という言葉が出てきた。オンラインとオフラインの“行動履歴(トラック)をデジタルでつなげる”ことが可能になってきたために、注目されている」

これまでのオンライン(ネット)のデータに加え、オフライン(リアル)のデータも収集・活用し、両者がつながる世界になる。ここがクリック&モルタル時代にはなかったO2Oのポイントだと、吉羽氏は指摘する。

「今後、紙のクーポンはデジタルのクーポンに置き換えられる。O2Oの流れは、さらに広がっていくだろう。当たり前の世界になったときに始めたのでは遅い。黎明期のときから、マーケティングやシステムを積み上げて取り組んできた企業が、この市場で勝ち残る。早めにアプローチをして、取り組む企業じゃないとおそらく勝てない」(吉羽氏)。

 とはいえ、なぜ広告代理店である電通が、Passbookのようなクーポンといった販促サービスに乗り出す必要があるのだろうか。

溶ける広告と販促の境目

背景には、デジタル化の波による広告業界の構造変化がある。

「デジタル化の進行、浸透に伴って、広告と販促の領域があいまいになってきている。クライアント企業で、広告と販促の予算配分の最適化が行われる。デジタル化が進むと広告費が販促費に食われていってしまう。

電通としても、広告だけでなく、販促も含めて解決策を提供する。そうすることで、販促領域に対して、広告的なアプローチを仕掛けるチャンスが作り出せる」と吉羽氏。

なるほど、Passbookの取り組みは、広告代理店として攻めの姿勢もあるが、守りとして販促領域へ進攻するという側面もあるわけだ。

次ページクライアント企業側にもメリット
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT