ヤフーとCCCがポイント完全統合。O2O市場活性化の起爆剤に

ヤフーとCCCがポイント完全統合。O2O市場活性化の起爆剤に

ヤフーとカルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下CCC)は6月19日、両社のポイント事業を完全統合すると発表した。

CCCが2012年10月1日、既存の「Tポイント」プログラム運営事業を新設分割し、新会社を設立する。同社の増田宗昭社長が、新会社の社長となる。ヤフーは新会社に15%出資し、同社の宮坂学CEOが新会社の取締役として就任する。その後、13年春をメドにYahoo!ポイントのTポイントへの切り替えと、ネット上のTポイントID「T−ID」の「Yahoo!JapanID」への統一を行う予定だ。

ヤフーが運営する「Yahoo!Japan」は、月間約5100万人の利用者がいる、国内最大級のインターネットサイト。CCCは、共通ポイントサービス「Tポイント」で、月間4045万人の利用者を有する。Tポイントへの参加企業は88社、4万6000店舗にのぼる。

会見でヤフーの宮坂学CEOは「両社が組むことは最強タッグ。広告事業に続いて重要なコマース事業で、Eコマース、デジタルコンテンツに続く第3の柱を生み出せる」。CCCの増田社長も「今回の提携は、宮坂CEOと話をし、あっという間にまとまった。ヤフーで広がるスマホを含めた媒体力を使えば、これまでできなかった、いろんなことができる」と語った。

ヤフーとCCCの事業提携は、今回が初めてではない。10年7月にポイントサービス、広告、地域戦略、ネットサービス領域で連携することを発表している。ただ、「IDがバラバラであったり、やってみて課題点はあった。スマホの普及などもあり、完全統合することが必要と感じた」(CCCの増田社長)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT