グルメで世界へ!O2Oベンチャーの挑戦

ソーシャルグルメサービス、Rettyのインパクト

ネット上の活動をリアルな消費行動に結びつけるO2O(オンライン・ツー・オフライン)。電通NTTなど大手企業がこぞって本格参入をする様子をこれまでレポートしてきたが、それは何も大手企業だけのものではない。

むしろスタートアップ(=ベンチャー)企業に有利な面もある。現在、スマートフォン、ソーシャルメディア、クラウドといった技術革新が進んでいる。こうした技術を使ってビジネスを立ち上げ、拡大できる環境が整っているのだ。アイデアとスピードがあれば、事業を立ち上げられる。国境すら越えられる。

事業を立ち上げた後は、経営力、リーダーシップの勝負。市場が拡大するO2Oは、スタートアップ企業にとってもビジネスチャンスとなっている。今回は、日本発のO2Oとして世界進出を狙う、Retty(レッティ)をレポートしよう。

「おいしいものを食べている瞬間、多くの人が幸せになっている。何百万人、何千万人、何億人と、食を通じて多くの人を幸せにしたい」

Rettyの武田和也代表取締役

Retty株式会社を立ち上げた代表取締役、武田和也氏の言葉だ。おいしいお店を通じて人と人をつなぎ、幸せな体験を共有してもらいたい。さらに、店舗と消費者をつなげるO2Oの役割も果たしたい。

そんな思いから生まれ、わずか1年半で会員数が10万人を超えたサービスが、ソーシャルグルメサービス「Retty」だ。

90%がFacebook経由

Rettyの特徴は、自分の信頼できる友人・知人のおすすめから飲食店を探すことができる点だ。リアルの体験に似ている。飲食店を探すとき、いちばん確実な方法は、飲食店に詳しい先輩やグルメな友人などに直接聞くことだろう。ジャンルごと、特定の地域ごとに、詳しい知人がいればなお重宝する。

Rettyはそんな「人から探す」体験をネットで提供する。従来のグルメサービスにはない新しい視点だ。

次ページRettyに人が集まる理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT