グルメで世界へ!O2Oベンチャーの挑戦

ソーシャルグルメサービス、Rettyのインパクト

ネット上の活動をリアルな消費行動に結びつけるO2O(オンライン・ツー・オフライン)。電通NTTなど大手企業がこぞって本格参入をする様子をこれまでレポートしてきたが、それは何も大手企業だけのものではない。

むしろスタートアップ(=ベンチャー)企業に有利な面もある。現在、スマートフォン、ソーシャルメディア、クラウドといった技術革新が進んでいる。こうした技術を使ってビジネスを立ち上げ、拡大できる環境が整っているのだ。アイデアとスピードがあれば、事業を立ち上げられる。国境すら越えられる。

事業を立ち上げた後は、経営力、リーダーシップの勝負。市場が拡大するO2Oは、スタートアップ企業にとってもビジネスチャンスとなっている。今回は、日本発のO2Oとして世界進出を狙う、Retty(レッティ)をレポートしよう。

「おいしいものを食べている瞬間、多くの人が幸せになっている。何百万人、何千万人、何億人と、食を通じて多くの人を幸せにしたい」

Rettyの武田和也代表取締役

Retty株式会社を立ち上げた代表取締役、武田和也氏の言葉だ。おいしいお店を通じて人と人をつなぎ、幸せな体験を共有してもらいたい。さらに、店舗と消費者をつなげるO2Oの役割も果たしたい。

そんな思いから生まれ、わずか1年半で会員数が10万人を超えたサービスが、ソーシャルグルメサービス「Retty」だ。

90%がFacebook経由

Rettyの特徴は、自分の信頼できる友人・知人のおすすめから飲食店を探すことができる点だ。リアルの体験に似ている。飲食店を探すとき、いちばん確実な方法は、飲食店に詳しい先輩やグルメな友人などに直接聞くことだろう。ジャンルごと、特定の地域ごとに、詳しい知人がいればなお重宝する。

Rettyはそんな「人から探す」体験をネットで提供する。従来のグルメサービスにはない新しい視点だ。

次ページRettyに人が集まる理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。