グルメで世界へ!O2Oベンチャーの挑戦

ソーシャルグルメサービス、Rettyのインパクト

店の外に看板を出してランチメニューを載せても、通りを歩いている人の目にしか入らない。ネットの力を使えば、何万人にも発信できる可能性がある。

「特にRettyでは、自分のお店に興味を持っている人と効果的にコミュニケーションがとれる。効果が可視化できるようになるのも大きい。飲食店はいろいろな媒体に広告を出しても、実際に来てくれたかどうかわからない。スマートフォンの登場がここに変化を起こした」とネットの可能性を、武田氏は強調する。

Rettyでは、ユーザーが店舗に「行った」という情報だけでなく今後「行きたい」というデータも持っている。ユーザーはとりあえず「行きたい」リストに登録しておき、来店後に「行った」店舗として投稿する流れだ。

ユーザーが「行きたい」から、実際に「行った」店が増えている

毎月、“行きたい”から“行った”に変わった人は、前月よりも110~120%ずつ増え続けている。“行きたい”の登録数が順調に増えているためだ。現在、約70万件の登録数がある。

潜在顧客が、実際に来店してくれたかを数値として見える化できる仕組みだ。

実名制であるため、来店客の顔がわかることも店舗側のメリットとして大きい。自分のお店に、「行きたい」と思っている人や、おすすめしてくれている人の名前と顔がわかる。実際に来店してくれたときに、「あ! この人だ!」となる。

「クーポンを送った人が来店してくれた場合は、“○○さん、こんにちは”という接客もできる。前回来店時に、何を食べたお客様なのかもわかる。接客の改善にもつながる」(武田氏)。

単なるクーポンを配布するだけのO2Oと違い、Rettyの場合は、ユーザーの「行きたい」という感情から始まっているため、店舗の人とのコミュニケーションも生まれやすく、再来店につながりやすい。消費者と店舗の長期的関係性を築く可能性を持ったサービスなのかもしれない。

誰かわからない人にすすめられても、信用できない。だが、信頼できる人にすすめられれば話は別で、行きたい気持ちも強くなる。店側にしても、実名制であるため、来店客の顔が分かる。そんな発想から、あるようでなかったO2OサービスをRettyは実現した。

次ページRetty誕生秘話
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。