グルメで世界へ!O2Oベンチャーの挑戦

ソーシャルグルメサービス、Rettyのインパクト

店の外に看板を出してランチメニューを載せても、通りを歩いている人の目にしか入らない。ネットの力を使えば、何万人にも発信できる可能性がある。

「特にRettyでは、自分のお店に興味を持っている人と効果的にコミュニケーションがとれる。効果が可視化できるようになるのも大きい。飲食店はいろいろな媒体に広告を出しても、実際に来てくれたかどうかわからない。スマートフォンの登場がここに変化を起こした」とネットの可能性を、武田氏は強調する。

Rettyでは、ユーザーが店舗に「行った」という情報だけでなく今後「行きたい」というデータも持っている。ユーザーはとりあえず「行きたい」リストに登録しておき、来店後に「行った」店舗として投稿する流れだ。

ユーザーが「行きたい」から、実際に「行った」店が増えている

毎月、“行きたい”から“行った”に変わった人は、前月よりも110~120%ずつ増え続けている。“行きたい”の登録数が順調に増えているためだ。現在、約70万件の登録数がある。

潜在顧客が、実際に来店してくれたかを数値として見える化できる仕組みだ。

実名制であるため、来店客の顔がわかることも店舗側のメリットとして大きい。自分のお店に、「行きたい」と思っている人や、おすすめしてくれている人の名前と顔がわかる。実際に来店してくれたときに、「あ! この人だ!」となる。

「クーポンを送った人が来店してくれた場合は、“○○さん、こんにちは”という接客もできる。前回来店時に、何を食べたお客様なのかもわかる。接客の改善にもつながる」(武田氏)。

単なるクーポンを配布するだけのO2Oと違い、Rettyの場合は、ユーザーの「行きたい」という感情から始まっているため、店舗の人とのコミュニケーションも生まれやすく、再来店につながりやすい。消費者と店舗の長期的関係性を築く可能性を持ったサービスなのかもしれない。

誰かわからない人にすすめられても、信用できない。だが、信頼できる人にすすめられれば話は別で、行きたい気持ちも強くなる。店側にしても、実名制であるため、来店客の顔が分かる。そんな発想から、あるようでなかったO2OサービスをRettyは実現した。

次ページRetty誕生秘話
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT