グルメで世界へ!O2Oベンチャーの挑戦

ソーシャルグルメサービス、Rettyのインパクト

あまりリソースを割かなくてもグローバル展開ができる時代になった。Rettyは、店舗に営業に回るビジネスモデルではなく、ユーザー主体のウェブサービスなのでそれが可能。世界で類似サービスはあまりない。今が世界展開のチャンスと判断したのだろう。

現在、Rettyの会員は、前月比120%の伸び率で順調に伸びている。発信者の割合も25%と多いほうだろう。目標会員数は、1年後に100万人。最短で3年後のIPO(株式公開)を目指す、という。

最大の課題は何か。

「ユーザーの急拡大。スタートアップ企業というものは、“急成長する組織”だと考えている。リスクを取ってやっているし、資金調達をするのもそのため。急成長できるかがこれからの最大の課題」と武田氏。

12年7月のYahoo! JAPANとの提携もそのためだ。Rettyでは、基本的に広告は打たない。基本は口コミでユーザーを拡大していく方針。大手企業との提携や、SEO対策など、ユーザーを増やすための施策に当面は力を入れる。

武田氏には、立ち上げ時に支えになった言葉がある。ハーバード・ビジネススクールのアントレプレナーシップ(起業家精神)の考え方だ。「社会が求める問題を見て、やりたいと思ったことを本気でやっていれば、リソースは、後から必ずついてくる」。

「まだまだ目標には程遠いが、この言葉を胸に秘めて、取り組んできた。こういう世界を作りたい、道筋もリソースもないけれど、もしそれが正しくて、世の中にインパクトを与えることであれば、自然と人やおカネは集まってくる」(武田氏)。

Google、Facebook、Amazonなどの米国発のITサービスが、世界を席巻している。そんな中、RettyはO2Oのスタートアップ企業として世界へ進出する。日本が世界に誇る“食”の領域で勝負する。

Rettyの成功いかんで、後に続くO2Oのスタートアップ企業にも大きな影響を与えるだろう。志や理念をいかに忘れずに事業に取り組めるか。武田氏の肩にかかる責務は重い。

(写真:今井 康一)

 

 

 

 

 

 

 

過去の連載が本になりました。『O2O新・消費革命 ネットで客を店舗へ引きつける』(東洋経済新報社)として発売中。Kindle版などの電子書籍も展開開始。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT