「LINEするより電話したい」 

彼女がLINEをやめたワケ

LINE人気にあやかりたい

すごい。「LINE」が1月、世界1億ユーザーを突破した。日本発のネットサービスで、1億ユーザーを超えたのは初ではないだろうか。しかも、1年半という超短期間。LINEやばい。すごい。

メディアの注目度も急上昇しており、東洋経済オンラインでもLINEに関する記事のページビューは高いらしい。筆者もLINE人気に便乗したい一心で、今回のコラムでは、LINEについて書くことにした。

筆者がLINEを始めたのは2011年冬ごろ。20代女性の友人に、熱心にすすめられたのがきっかけだ。まずは彼女に話を聞き、LINEの良さを改めて考え直してみよう。そう思って連絡を取り、趣旨を説明すると、こんな答えが返ってきた。

「わたしもう、LINEあんまり使ってないんですよ」

えっ。

もう電話したい

彼女は2011年秋ごろからLINEを使って、スタンプによるコミュニケーションの楽しさや短文で交流できる気楽さを熱弁していた。筆者がLINEに興味を持つきっかけになった人だ。そんな彼女がなぜ、LINEを使わなくなったのか。

「最初は楽しかったんです」。彼女は言う。「でも今はもう楽しくない。もう電話したい!」

聞いてみると、彼女の友人の間でも、LINEの利用頻度は減っているという。そういえば筆者も最近は、一時期ほどLINEを使っていない。さらに10人ほどのLINEユーザーに聞いてみたところ、半数ほどが、以前より利用頻度が下がったと言っていた。

LINEを使わなくなってきたのはなぜか。しかもなぜ、よりにもよって、「電話したい」なのか。理由を掘り下げると、テキストを使ったネットコミュニケーションが、以前より難しくなっているという現実が見えてきた。

LINEは「圧倒的にやさしかった」

冒頭の彼女がLINEを使わなくなった理由は、シンプルだった。

「余計な機能が増えたから」

LINEは2011年6月、テキストメッセージング機能のみの単機能ツールとして登場した。同10月に、スタンプ・絵文字と音声通話機能を追加。ネットサービスが苦手で、Skypeも使っていなかったという彼女がLINEを使い始めたのはこの頃だ。

「LINEは圧倒的にやさしかった。Skypeとかって、小難しいですもの」。彼女は言う。

確かに、LINEのユーザーインタフェースはシンプルに工夫され、きわめて操作しやすい。電話帳と連携しているおかげで「友だち登録」の作業も簡便。Skypeやmixiなどほかのコミュニケーションサービスより、利用のハードルは圧倒的に低かった。

次ページLINEから「みんな」がいなくなった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT