LINEは事業計画をほとんどつくらない

ユーザー1億人突破!キーパーソンが語る裏側【最終回】

スマホ無料通話・メールアプリ「LINE(ライン)」の勢いが止まらない。1月18日には、2011年6月のサービス開始からおよそ1年半で、ユーザー数は1億人を突破した。同じようなサービスがある中で、LINEが成功した秘訣は何だったのか。そして、今後LINEはどこに向かおうとしているのか。
東洋経済は、1月15日に発売した週刊東洋経済1月19日号「LINE大爆発!」の取材で、LINEの運営元であるNHNジャパンのキーパーソン、森川亮社長(写真)と舛田淳執行役員を直撃した。そのロングインタビューを短期集中連載で掲載する。全5回の最終回は森川社長の談話で締めくくる(取材は2012年12月下旬に実施)。

※ 過去のインタビューはこちら:

(第1回)LINEと組みたい企業、99%はお断り

(第2回)LINEフォン、打診はあるが今はできない

(第3回)LINEの稼ぎ頭はゲームです

(第4回)LINEの成功、ガラケーでの失敗が生きた

――NHN Japanが早く事業を拡大できているのはなぜでしょう?

サッカーでいうとFW(フォワード)みたいな人に任せるからですね。走るスピード、持久力、ゴール前の意志決定も重要です。それができているんだと思います。

――切り開いていくような、実力のある選手が要所にいると。

そうです。なので、僕の言うことを聞かない人もいっぱい(笑)。よく日本人はゴール前でパスするみたいな話がありますが、そういうのはない。

韓国本社から特に期待はされていない

――韓国本社からどんな期待をかけられているんでしょうか。

特に期待はされてないんですよね。(本社としては)リターンが多ければいいし、潰れないよりは伸びたほうがいい。ファイナンスの観点から将来価値を期待していて、中途半端な配当よりは、ある程度成長してドーンとなればいいだろうと。

次ページ韓国系企業が日本で成功した秘訣?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT