LINEの成功、ガラケーでの失敗が生きた

ユーザー1億人突破!キーパーソンが語る裏側【第4回】

スマホ無料通話・メールアプリ「LINE(ライン)」の勢いが止まらない。1月18日には、2011年6月のサービス開始からおよそ1年半で、ユーザー数は1億人を突破した。同じようなサービスがある中で、LINEが成功した秘訣は何だったのか。そして、今後LINEはどこに向かおうとしているのか。
東洋経済は、1月15日に発売した週刊東洋経済1月19日号「LINE大爆発!」の取材で、LINEの運営元であるNHNジャパンのキーパーソン、森川亮社長(写真)と舛田淳執行役員を直撃した。そのロングインタビューを短期集中連載で掲載する。第1~3回の舛田氏に続いて、第4~5回は森川社長(取材は2012年12月下旬に実施)。

※ 過去のインタビューはこちら:

(第1回)LINEと組みたい企業、99%はお断り

(第2回)LINEフォン、打診はあるが今はできない

(第3回)LINEの稼ぎ頭はゲームです

--LINEは大成功となりましたが、最初から狙っていたのでしょうか?

パソコン(PC)を通したインターネットの世界でグーグルを超えるのは難しい。だから、スマートフォンにシフトしようという流れになった。

もともと、僕たちはコミュニケーションを軸にしたサービスが強い。NHNの頭文字は「ネクスト・ヒューマン・ネットワーク」の略です。検索もグーグルのアプローチではなくて、ソーシャルサーチのような、Q&Aから検索の精度を高めるというやり方をとってきました。

とにかく、コミュニケーションを発生させて、そこに付加価値を乗せていくことをやってきたので、コミュニケーションだけで終わらせるつもりはありませんでした。

次ページ「ソーシャル疲れ」は想定内?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。