グリー、広がる不始末

未成年への超過課金、当初公表値は不正確

「探険ドリランド」などのタイトルで知られるソーシャルゲーム大手、グリーが未成年ユーザーに対して設定した上限を超える課金が発覚したのが1月7日。それから10日あまり。不始末はさらに広がりを見せた。

グリーは1月18日夜、未成年への超過課金額が従来把握していた数字よりも、さらに大きかったことを明らかにした。グリーは昨年5月の「コンプガチャ」問題以降、事業の健全化を最優先課題として打ち出していただけに、ソーシャルゲーム業界に対する外部からの目はよりいっそう厳しくなりそうだ。

約5000万円を「吸い上げ」

追加で超過課金を行っていたことが明らかになったのは、グリーの月額コースと楽天Edyを使っていた未成年ユーザー。期間は12年4月1日から13年1月12日までで、1月7日に発表したクレジットカードによる決済によるもの(12年4月1日から12年9月7日まで)を合わせると、合計4937万円を未成年に超過課金していた。1月7日の事実公表後の社内調査で、実際の超過課金はもっと大きかったことが判明した。

グリーは設定金額を超えて課金していた理由を「システム上の不具合や人為的な設計ミスがあった」(広報)としている。クレジットカードによる分と同様、超過課金で得た売り上げは「1月下旬以降、順次返金の手続きをとる」(同)という。

次ページ具体的な対応は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT