LINEフォン、打診はあるが今はできない

ユーザー1億人突破!キーパーソンが語る裏側【第2回】

スマホ無料通話・メールアプリ「LINE(ライン)」の勢いが止まらない。1月18日には、2011年6月のサービス開始からおよそ1年半で、ユーザー数は1億人を突破した。同じようなサービスがある中で、LINEが成功した秘訣は何だったのか。そして、今後LINEはどこに向かおうとしているのか。
東洋経済は、1月15日に発売した週刊東洋経済1月19日号「LINE大爆発!」の取材で、LINEの運営元であるNHNジャパンのキーパーソン、森川亮社長(写真右)と舛田淳執行役員を直撃した。そのロングインタビューを短期集中連載で掲載する。第1回に続き舛田氏に話を聞いた(取材は2012年12月下旬に実施)。

※インタビュー第1回はこちら

――アップルやグーグルに対抗して戦うには、OS(基本ソフト)や端末を押さえるところまで視野に入るんでしょうか?

「LINEフォン」「LINEブラウザ」「LINE OS」など(をやるんですか?)とか言われるんですけど、得意じゃない。

できなくはないんです。ただ専門ではないところに対して、今リソースを割くっていうのは、戦略的に正しくない。まだまだ、われわれの領域でやることは山ほどあり、シェアも伸ばせると思っているんですね。

例えば、FacebookはOSやっていない。「Facebookフォン」みたいな話はよく出てきますけども、やっぱりそこではないんですね。アップルが勝負するレイヤー(層)と、グーグルが勝負するレイヤーはそれぞれ。われわれみたいなアプリベンダーが勝負するレイヤーもまた違う。まずはわれわれが勝負するレイヤーでいろいろな取り組みをすればいいと。

よくお話はいただきますけどね。デバイス作りませんかって。

――大手メーカー?

はい。嫌だって言って。

デバイスやOSは得意じゃない

――国内メーカーは今厳しいですから、作りたいんじゃ…。

得意じゃないので「嫌だ」って言っているんですね。やるからには徹底的にLINEの世界観を追求したものを作りたい。やっぱりそれってすごく時間がかかるんですね、デバイス一つ、OS一つつくるのって。やっぱりそれは、われわれのスピード感にもう合わないんですね。

次ページなぜ意思決定が早い?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。