LINEは事業計画をほとんどつくらない

ユーザー1億人突破!キーパーソンが語る裏側【最終回】

――理想の会社像は。

アジアを代表する会社は今まで無かった。アジアを代表し、アジア発のグローバル企業になれるかなという期待があります。これからはアジアが世界の中心で、日本と韓国を押さえるとアジアでナンバー1になれる。

――NHNグループとしてナンバーワン?それともNHN Japanがナンバーワンという意味でしょうか?

そこはちょっと難しいですね(笑)。韓国とは兄弟みたいな関係ですけど、お互いに戦略をすり合わせているかというとそうでもなくて、そんなに話し合っていないというか、いい加減というか。「LINEでこういうビジネスやりたいので協力してくれ」とか、リソースが足りないときに借りることはあります。韓国の本社もユニークなところがある。説明が難しいのですが。

余計なことは考えない

――株式上場は頭にありますか。

余計なことを考えずに、いいサービスを早く出すことに集中しています。余計なことを考えると余計な人が来たり余計なことがあったりするので。

――日本では、変化に対応しようとしても、なかなかできない会社が多いですね。

経営者が神みたいな存在になるとよくないと思っています。変化がない時代はそれでいい。神を信じてコツコツやればいい。でも今は変化が早いので、神が言ったことも否定しなきゃいけない。でも怖くて否定できないから、みな黙々とやり続ける。

会社で僕を神だと思っている人は誰もいません。ただその分、変化に強い。何かパッと曲がったときに、パッと曲がる人が絶対にいる。その人に任せればいいんです。

いろいろなサービスをしているので、1個のサービスで会社のイメージが出来あがってしまうと、他のサービスがやりにくいってところがあります。複数ブランドを持っているところは、若干そういうところが、あるんじゃないですかね。

(撮影:梅谷 秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本ブランドを売り込め!<br>中国向けEC販路の最前線

中国で2015年以降に広がったライブコマース。「ソーシャルバイヤー」が商品説明をライブ動画で配信しネットで注文を受ける、ECの新手法だ。東京からの配信開始で、日本企業も熱い視線を注いでいる。越境ECの新しい販路をリポートする。