NTTが総力を上げる、O2Oの全貌

日本最大級の実証実験の衝撃(下)

ネットとリアルが融合していくO2Oという新潮流において、NTTグループは、消費者と事業者の間を情報通信技術でつなぐインフラを提供する。

阪急阪神グループといったリアル世界のインフラを持つ事業者と協業し、ネットだけでなく、リアルの消費者行動をまとめて、ビッグデータとする。そして、ビッグデータを解析し、消費者に最適な情報を提供する。

NTTグループと他のO2O事業者を比較した場合、競争優位性はどこにあるのか。

「R&D(研究開発)が一番大きい。ビッグデータの基盤の部分などだ。西宮に行ってみればわかるが、Wi-Fiを利用した屋内での来店者の位置計測はかなり正確で、来店者の感触もいい。これは口で言うほど簡単ではない。技術力、エンジニアリング能力がNTTグループの最大の強み」と高屋氏。

今後は、ますますネットとリアルが融合していく時代になる。NTTグループは、O2Oを大きなビジネスチャンスとしてとらえている。

今までは情報通信技術を活用しなかったリアル企業や店舗が、情報通信技術を使うことが当たり前になってくる。そのとき、NTTグループとの接触機会が増えるはず。そこを大きなチャンスと見ているのだ。

NTTグループは、つねに日本の情報通信の基盤を担ってきた。O2Oというネットとリアルが融合する世界においても、当然インフラを担うという自負がある。

NTTグループの「本気度」に、O2Oの市場性を逆に感じ取ることができる。

(撮影:今井 康一)

 

 

 

 

 

 

 

過去の連載が本になりました。『O2O新・消費革命 ネットで客を店舗へ引きつける』(東洋経済新報社)として発売中。Kindle版などの電子書籍も展開開始。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT