電通が狙うO2O、ビッグデータ構想の衝撃

テレビCMと店舗をつなぐ壮大な野望

広告代理店最大手の電通が狙うo2oとは?(写真左からスポットライト社の柴田陽代表取締役、電通の佐藤巡氏、魚住高志氏)

(前回記事はこちら

テレビCMのクライアント企業にとっても、O2O(オンライン・ツー・オフライン)は今や無視できなくなっている。いや、新たな武器に加わろうとしていると言ってよい。仕掛けるのは、国内最大手の広告代理店である電通だ。

今年6月、電通とO2Oの先駆けで知られるベンチャー企業、スポットライト社が業務提携を発表した。マスメディアとO2Oの連携。一見、交わらないように見えるこのタッグ、実は大きな可能性を秘めている。

スポットライト社が提供するO2Oサービス「スマポ」は、スマートフォン初心者にも人気のアプリ。提携店舗に“来店するだけでポイントがもらえる”O2Oの代表格といえるサービスだ。詳細は前回を見てほしいが、現在、導入店舗は、大丸百貨店、ビックカメラ、ファミリーマートなど、90ブランド、約600店舗に上る。

テレビCMを見るとポイントがもらえる!

両社が実現を狙うO2Oは、マスメディアとO2Oの価値を掛け合わせた進化版だ。たとえば、次のような消費行動が考えられる。

テレビで流れる炭酸飲料のCM。テレビの前の視聴者Aさんは、すかさずスマートフォンでスマポを立ち上げる。すると、CMが発信する音声信号(人には聞こえない)をスマポが読み取り、ポイントがつく。

テレビで商品に興味を持ったAさんは、スーパーマーケットを訪れ、CMで見た炭酸飲料の特設売り場に行く。売り場でもスマポのポイントがつくうえ、AさんはCMを事前に見て来店したので、特典クーポンまでもらえる。

来店前に、商品やキャンペーンのより詳しい情報を確認するため、飲料メーカーのウェブページにアクセスするかもしれない。そこでも、スマポのポイントがもらえる仕組みだ。ポイントは、店舗の商品券などと交換できる。

次ページテレビCMを見て来店したのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
怒濤のM&Aで年商1兆円<br>ミネベアミツミの成長戦略

「中興の祖」髙橋高見氏の積極的な買収で大きく成長した旧ミネベア。娘婿の貝沼由久会長兼社長も同じく、M&Aによる事業拡大路線を歩む。現ミネベアミツミの成長の軌跡を振り返り、4月に買収したユーシンの再建に向けた課題を考察。

  • 新刊
  • ランキング