電通が狙うO2O、ビッグデータ構想の衝撃

テレビCMと店舗をつなぐ壮大な野望

広告代理店最大手の電通が狙うo2oとは?(写真左からスポットライト社の柴田陽代表取締役、電通の佐藤巡氏、魚住高志氏)

(前回記事はこちら

テレビCMのクライアント企業にとっても、O2O(オンライン・ツー・オフライン)は今や無視できなくなっている。いや、新たな武器に加わろうとしていると言ってよい。仕掛けるのは、国内最大手の広告代理店である電通だ。

今年6月、電通とO2Oの先駆けで知られるベンチャー企業、スポットライト社が業務提携を発表した。マスメディアとO2Oの連携。一見、交わらないように見えるこのタッグ、実は大きな可能性を秘めている。

スポットライト社が提供するO2Oサービス「スマポ」は、スマートフォン初心者にも人気のアプリ。提携店舗に“来店するだけでポイントがもらえる”O2Oの代表格といえるサービスだ。詳細は前回を見てほしいが、現在、導入店舗は、大丸百貨店、ビックカメラ、ファミリーマートなど、90ブランド、約600店舗に上る。

テレビCMを見るとポイントがもらえる!

両社が実現を狙うO2Oは、マスメディアとO2Oの価値を掛け合わせた進化版だ。たとえば、次のような消費行動が考えられる。

テレビで流れる炭酸飲料のCM。テレビの前の視聴者Aさんは、すかさずスマートフォンでスマポを立ち上げる。すると、CMが発信する音声信号(人には聞こえない)をスマポが読み取り、ポイントがつく。

テレビで商品に興味を持ったAさんは、スーパーマーケットを訪れ、CMで見た炭酸飲料の特設売り場に行く。売り場でもスマポのポイントがつくうえ、AさんはCMを事前に見て来店したので、特典クーポンまでもらえる。

来店前に、商品やキャンペーンのより詳しい情報を確認するため、飲料メーカーのウェブページにアクセスするかもしれない。そこでも、スマポのポイントがもらえる仕組みだ。ポイントは、店舗の商品券などと交換できる。

次ページテレビCMを見て来店したのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。