快進撃LINEが狙う、O2O世界覇者の座

4月社名変更で、いよいよ本格化する世界戦略

LINEの世界戦略を指揮する、出澤剛取締役

LINEに関する過去連載記事はこちら→前回前々回

ミッキーマウス、ドラえもん、アンパンマン、初音ミクといった超一級のキャラクターたちが一堂に会するーー。

彼の国の遊園地の話ではない。そんな夢のような話が、LINE上では実現している。“スタンプ”としてLINEの世界で勢ぞろいしているのだ。

世界的なブランドやキャラクターが、こぞって登場する巨大プラットフォームにまで成長したLINE。LINEが描く究極の野望は、社会のインフラになること。O2O(オンライン・ツー・オフライン)は、その重要なパーツなのだ。

2013年4月、旧NHN Japanは、社名を「LINE株式会社」に商号変更した。本格的にLINEに集中し、LINEを中心とした事業展開を加速するのが目的だ。

LINEがかねてから掲げる“プラットフォーム戦略”。基本部分は、利用者同士のコミュニケーションから成り、周辺にエンターテインメントのコンテンツ、ゲーム、マーケティング、といった各プラットフォームを配する。マーケティングプラットフォームのコアな部分を担うのが、“O2O”という仕掛けだ。

“爽健美茶”と“モテキ”がコラボ

LINEでは、変化の速い時代に勝ち抜くため、あえて事業計画を作らないという。O2Oの売り上げ目標などは定めていないが、O2Oにかける期待は大きい。

「O2Oは今後、収益への貢献も非常に大きいものになっていく。LINE全体にとっても、最重要課題のひとつだ。これから、店舗や企業への営業も拡大していく」とLINEの出澤剛取締役は力を込める。

LINEの描く究極の「絵」は、利用者同士、利用者と企業、店舗など、すべてをつなぐインフラになることだ。O2Oはその実現に欠かせない重要なパーツ。LINEの描くO2Oのグランドデザインにおいて、現在はまだ1、2合目という段階だ。

次ページ新サービス「LINEマストバイ」とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。