DeNA、LINEの台頭に歯ぎしり

有力ネット企業トップが語った13年の「強気」と「弱気」(上)

イベントでLINEについて語るNHN Japanの森川亮社長

2013年もインターネット業界は、年初から起伏の激しい幕開けとなった。

ソーシャルゲーム大手のグリーは、未成年に対し上限を超える課金を行っていたことが発覚(関連記事はこちら)。一方で同じくソーシャルゲーム大手のディー・エヌ・エー(DeNA)は1月10日、会社ロゴの刷新と新事業である音楽配信への参入や、廃部が決まっているヱスビー食品陸上部の受け入れなどを発表した。DeNAは昨年10月、スマホの無料通話・無料メールアプリ「comm(コム)」も始め、「ゲーム一本足」からの脱却を進めている。

2社の間隙を縫うように、ネット業界の”新星”も台頭してきた。スマホの無料通話・無料メールアプリでは先駆といえる存在の「LINE(ライン)」だ。

LINEの勢い、フェイスブック以上

LINEは1月18日、フェイスブックやツイッターをはるかに上回る速度で、登録ユーザー1億人超えを達成した(関連記事はこちら)。今年はLINE上にゲームや占い、クーポンなどを乗せるプラットフォーム戦略を、外部パートナーを巻きこみながら本格展開する。運営会社のNHN Japanは、いつの間にかグリー、DeNAにとって侮れない存在となっている。

生き馬の目を抜くようなネット業界。その業界をもっとも深く知ることができるイベントがある。年2回行われる完全招待制の「Infinity Ventures Summit(IVS)」だ。昨年12月には京都で業界の有力関係者を集めて開かれ、経営者・経営幹部ら約550名が参加した。

普段聞けない本音を話すこのイベントで、ネット業界の経営者らは2013年をどう展望したのか。「強気」と「弱気」が入り交じる内容を、2回に渡ってレポートする。

次ページDeNA、「Comm」の出足は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。