LINE1億人突破、次はフェイスブック超え

2013年は北米、ヨーロッパにも注力

スマホ無料通話・メールアプリ「LINE(ライン)」の登録ユーザーが、1億人の大台を突破した。2011年6月のサービス開始から、1億ユーザー獲得までかかった期間は19カ月。ツイッターの49カ月、フェイスブックの54カ月よりもはるかに早い。

金字塔を打ち立てたLINE。次のステップに向けて、死角はないのか。

13年は北米、ヨーロッパに重点

「一昨年前、震災の後サービスを開始してから、インターネットの歴史に残るような目覚ましい成長をしている」

LINEのユーザー数1億人を突破したイベント。森川亮社長と舛田淳執行役員がガッチリ握手

1月18日。LINEを運営するNHN Japan本社で行われたユーザー1億人のカウントダウンイベントで、森川亮社長は興奮気味に語った。週刊東洋経済1月19日号「LINE大爆発!」の一部転載記事にある通り、LINEは携帯電話会社に関係なく無料、友達とのつながりやすさ、感情を表すスタンプ機能といった点が受け、急成長している。

スマホの特性を生かした一対一の閉じられたコミュニケーションを行えるため、フェイスブックなどオープンなSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に馴染まないユーザー層も取り込んだ。登録ユーザーのうち月に1回利用するユーザーは、80.3%(12年12月末時点)と、アクティブ率も他のSNSに比べ圧倒的だ。

次ページLINEの課題とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。