中年のゆがんだ“mixi愛”

好きだから、いじめちゃう?

mixiをいじめる「男子」

男子は好きな女の子に意地悪したくなるものだと聞く。その子の気を引きたくて、あえて嫌がる行動をしたり、自分の恋心を処理しきれず、逆の行動を取ったりするものらしい。女性のお悩み相談サイト「発言小町」にそう書いてあった。

Web好き30~40代(筆者含む)の今のmixiへの態度は、そんな男子の恋心を彷彿とさせる。mixiがオープンした2004年当初、mixiに熱狂していたインターネット大好きな若者たちは今、中年にさしかかり、そのほとんどがmixiを使わなくなってしまった。

それなのにいまだに、mixiの新機能にブーブー言い、mixiで起きたトラブルについて目の色を変えて議論する。

ネット好き中年が好んで使うTwitterや「はてなブックマーク」には常に、mixiへの怨嗟の声があふれている。使ってもいないネットサービスが、こんなに話題にされる例を筆者は他に知らない。

私たちにとってmixiは、初めて付き合った、大好きだった彼女のようなものだ。最初は激しく燃え上がり、徐々に心が離れ、向こうから振られたけれど、今は復縁を迫られている……。そんな関係だ。

SNSへの初恋だった

mixiが生まれたのは04年3月。日本ではまだ珍しかった「SNS」という新しいサービスに若者が飛びつき、ねずみ算式にユーザーが増えていった。当時は「GREE」(PC向けの地味なSNSだった)をはじめとして数多のライバルが乱立していたが、mixiは他を寄せ付けずに急成長。「mixi依存症」なんて言葉も出るほど、みんなmixiをやりまくっていた。

次ページあの頃は相思相愛だったのに…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。