中年のゆがんだ“mixi愛”

好きだから、いじめちゃう?

それでもユーザーは増え続けた。04年7月に5万人だったのが、10年4月には2000万人に。その結果として「5年使ってます」という古参から、「昨日始めました」という初心者までが同じサービスに混在。それぞれがそれぞれのマイルールを主張し、お互いにとって居心地が悪い世界になっていた。

ユーザー層の拡大は、ネットリテラシー平均値の低下も意味した。明らかなデマがmixi日記で拡散していったり、「バトン」と呼ばれるチェーンメールのような日記が流行ったり、犯罪自慢など炎上事件も相次ぎ、リテラシーの高い古参のユーザーをうんざりさせていた。振り返ってみるとmixiで、後のTwitterとまったく同じ問題が起きている。我々はなんと学習しないものだろうか……。

09~10年ごろmixiには相次いで新機能が導入されたが、これがまた古参の反発を招いた。同窓生や会社の同僚を探せる機能、マイミク一覧で実名を表示する機能……

リアルの人間関係をmixiに反映させていた“リア充”な若年層には便利なサービスだったが、mixiをハンドルネームで利用し、ネットとリアルで顔を使い分けていた中年古参にとっては致命的な「改悪」だった。一方、古参が愛していた「コミュニティ」は目立たない場所に移動し、「足あと」は廃止されてしまった。

「もう私たち、ダメかもしれない」。mixiの存在が重たくなるたび、機能が“改悪”されるたびに古参は、mixiとの別れを考えた。別れが惜しくて、本人に直接、文句をぶつけた。機能変更反対を訴えるコミュニティを作ったり、「足あと」復活を求める実名の署名を行ったり。古参は「あのころのmixi」への愛を、大きな声で叫び続けた。

思い入れが深すぎる古参の存在は、mixiにとっても重たかったかのもしれない。mixiが再び振り向いてくれることはなかった。「mixiはもう、私たちのものじゃない。リア充のものになってしまったんだ……」。恋に破れた古参は、あっさりTwitterに乗り換えた。が、Twitterとの蜜月も長くは続かなかったことは、前回のコラムで書いた通りだ。

次ページ”復縁”はあるのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。