ソーシャルメディアは本当に役に立つか?

蒸気機関とキットカットの事例からSNSの可能性を問う!

企業を悩ませる、ソーシャルメディアとの付き合い方

著者:水越康介(経営学者、首都大学東京准教授) 撮影:今井康一

最近、ソーシャルメディアに関する研究会で報告させてもらう機会があった。多くの企業の悩みは共通しているようで、一言でいえば、ソーシャルメディアとの向き合い方を決めかねている。時代の流れからして、無視するわけにはいかないが、そもそも何をすればいいかわからない、そんな感じだ。

Twitterがはやれば、口コミの効果を期待する。Facebookユーザーが増えてくれば、エンゲージメント(情報を見てもらうだけでなく、アクションをとってもらうことだ)を高めるべくコミュニティサイトを立ち上げてみる。mixiやGREEにも目配せしながら、少しずつ新しいソーシャルメディアを利用してみる。運用する中で、初めてわかってくることもあるだろう。

とはいえ、そう簡単に大きな効果が上がるわけではない。やっぱり駄目なのかなと思ってしまう。どうすればいいのだろう……僕自身も研究会では答えを出せなかったのだが、一人の方の指摘になるほどと思った。

その方が言うには、僕たちは、ソーシャルメディアの使い方だけを考えている。だから、対応が小手先になってしまい、うまくいかない。むしろ、逆の見方をしたらどうか。ソーシャルメディアをマーケティングに役立てようと考えるのではなく、ソーシャルメディアに合わせて、わが社はどう変わらねばならないかを考えたらどうかと――。

この視点の切り替えは斬新だった。そんな思い切りのいいことはできないと思うかもしれない。しかし、だとすれば、ソーシャルメディア談義はここまでだ。世の中の変化を静観しているしかない。

せっかくだから考えてみたらどうだろうか。変わらねばならないのは、われわれのほうなのだと。そう思ったとき、技術として、そしてメディアとしてのソーシャルメディアに関連しそうな話がいろいろと思い浮かんだのだった。

 

次ページ発電機が蒸気機関に取って代わったとき、工場で起こったこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT