ソーシャルメディアは本当に役に立つか?

蒸気機関とキットカットの事例からSNSの可能性を問う!


SNS利用に必要な変革をキットカットに学ぶ

またSNSのメディアとしての側面には、ブランドに注目した議論が関連しそうだ。ブランドは、通常は顧客とのコミュニケーションを支えるメディアだと考えられている。

 今ではよく知られた話だが、少し前にネスレのキットカットが受験生を中心にはやった。受験生がキットカットを「きっと勝つ」と読み、験担ぎで売れているというわけだ。その話を聞いたネスレは直ちに対応し、受験生のためにさまざまなプロモーション企画を打ち出していった。

「いいね!」数963万件のキットカットfacebookページ(2012/11/15現在)

よくできたブランドビルディングだったといえるが、ここで考えるべきポイントは、実際のマーケティング活動の一歩手前にある。どうして、ネスレは、この験担ぎに積極的になれたのだろうか。同じ状況に置かれたとき、それをチャンスと考える企業は少ないだろう。要するに駄洒落である。くだらないと思う人も多いのではないだろうか。ましてや、駄洒落がブランドビルディングの決定打になると思い至る人など、ほとんどいないと思う。

ネスレ社内にはそう考えられる天才的な人物がいた……と言ってしまってもいいが、それでは事例としての示唆がない。ここではブランドに注目しよう。ネスレがこの駄洒落をチャンスとして取り込めたのは、ブランドの意味について社内の検討がなされていたからだった。

次ページ「技術」と「ブランド」の活かし方
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。