その投稿は本当か嘘か?新しい「発見」の方法

何かに気づいてしまった「自分」との向き合い方

ユーザーからの情報収集とは?

著者:水越康介(経営学者、首都大学東京准教授) 撮影:今井康一

マーケティングの観点からみて、ソーシャルメディアへの注目は今も続いている。その一つの可能性として、今回はユーザーからの情報収集を考えよう。

ソーシャルメディアを用いれば、アンケート調査はもちろん、消費者とのインタラクティブなコミュニケーションも可能だ。また、掲示板をじっと眺めるなど、いわゆる傾聴戦略もとれる。

マーケティング・リサーチとして昔からあったやり方ばかりだが、ソーシャルメディアやネットの発達によって、随分と敷居が低くなっていることは間違いない。

先日、ある小売業の方に、自社のコミュニティサイトへの書き込みから気づきを得た、という話を聞いた。以前から販売していた照明ランプについて、複数の女性が同じようなことを書き込んでくれたという。

何の変哲もない話に思えるが、その方は、あっ!そういえばと思ったそうだ。

次ページ状況を動かした「気づき」とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT